51jh0gh4wsl

ピアノ教室に突然現れた奇妙なフランス人のおじさんをめぐる表題作の他、少年たちだけで過ごす海辺の別荘でのひと夏を封じ込めた「子供は眠る」、行事を抜け出して潜... 続き

コメント

5/27

読みやすい短編だった。
お気に入りは、「彼女のアリア」。
森さんの世界は、あったかい。

その他のコメント

森絵都さんの本で一番好きです。クラシックの曲をテーマにしたストーリーが3編。曲を知らなくても全然楽しめます。子供の時のドキドキした気持ちを思い出します。どれも素敵です。

甘さと暖かさに包まれた、いつもと変わらない空間の居心地の良さ。大好きなものが少しずつ姿を変えていくことに気づいてしまったときの居心地の悪さ。何気ないループにあるときふっとピリオドが打たれたときの切なさ。無邪気だけれど多感なこの年頃を何よりもつかんでいると思う

読者

8523dc18 683d 4b81 9763 d4dee962c0d42f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b90A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc6565f1b215f 57b5 4f06 8441 513f1936b6a7Icon user placeholderA4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2Dc21208d 0f4c 4c51 838b fd9dad4f5b4f5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38 41人

森絵都の本

クラスメイツ

クラスメイツ

63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61

さぼてん

小説が好きです

クラスメイト24人のうち後期の12人。 後期は、色々なことを乗り越えて少し大人になった生徒たちに会えた。 恋愛面がとても可愛らしい。 えっ、あの子はこの子が好きになったんだと、読んでいるこちら側もウキウキしてしまう。 後期の子達は、少し大人になって、自分が先生になったかのように寂しくなった。 文体は簡単で内容も面白いので、小説を読み慣れていない方にオススメしたい。

8か月前

C36498cb 5c3d 4242 b1e5 082f495883885e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de 9