Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
31v7bjkp3nl

コメント

1940年代より現在まで国家としてのイギリスの歩みをたどる。
イギリスで起きたことは日本でも起こるなんてことを何かで聞いた読んだ?ことがあったけど「1987年総選挙は保守党が勝利して、サッチャーは三期目の政権を担うことになった。しかし、この選挙までに保守党の支持は、南東部などの田園都市のなかでも、最も豊かなイングランドの地域に限定されるようになっていった。総選挙のあと、サッチャーは「社会などというものは存在しない」という有名な台詞を『女性自身』誌で述べ、自助を解く個人主義的原理を鮮明にして、教育、医療、行政に関する改革を進めていった。
教育における改革では、1988年の教育改革法は、イギリス帝国の植民地政策を批判するような「自虐史観の偏向教育」を「是正」するために、ナショナル・カリキュラムで全国の授業内容を画一化、全国共通学力テストを実施して学校別の評価を公表し序列化するという新保守主義と新自由主義の色彩を色濃くあわせもっていた。」P141 3 サッチャーの退場
既視感・・・・

読者

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47949727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbbPicture 3人

新書

あたまわるいけど学校がすき―こどもの詩

あたまわるいけど学校がすき―こどもの詩

D0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785b

S

大学1回生

小学生ならではの目線で、子供の頭の柔らかさに驚いた。そしてそれが詩になってるのがより強いパワーを持たせていた。詩の力を感じた。この本を読んで気づいたのは、いつのまにか私も子供の目線ではなく子供を見下ろす目線になってしまっているということ。世の中を見る目が少し変わった気がします。

5日前

3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a895ba87f2 a891 4a31 988d a61f5c9f9ef1Icon user placeholder
分析哲学講義

分析哲学講義

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

lAube

本と映画と旅が好き。

思考の方法について考えさせられた1冊。 著者曰く分析哲学は、考えることと同じ営みの一部でありテーマの制限もなく、言語や概念の分析を通じて世界を捉えるための思考の道具である。 そしてその方法の独自性は、「まず世界があってそれを言語が写し取るという直感ではなく、まず言語があってそこから世界が開かれるという直感」(p.14)に支えられている。 であるならば…と思考は広がる。

6日前