41djpqihtwl

MECE、フレームワーク、ピラミッド構造、フェルミ推定…目的から理解する知的生産の全体観。「脳科学×戦略コンサル×ヤフー」トリプルキャリアが生み出した究極... 続き

コメント

頭のなかで整理しても、他人に上手く伝わってないときは、整理の仕方が悪いのだなと、この本を読んで、丁寧に、論理的に、明確になった一冊。何度も助けられています。帯にあるように、やるべきことが100分の1になる、という言葉は本当です。

問題解決において闇雲に議論し、アクションを起こす「犬の道」と問題の本質を最初に「イシュー度」という概念で徹底的に見極める方法を対比し、後者がいかに効率が良いかを解いた本。
効率アップ系の本は腐るほど出ているが優先順位をつけてこなしていくというやり方も犬の道であると考えさせられた。やることが1/10ではなく1/100と謳っているのも頷ける。

こまったとき、行き詰まったときに、見直し方を見直すために手に取る本。仕事でもプライベートでも。

思考のプロセスとして常に意識している。

脱犬の道、意識しないとすぐに解き方ばっかりに目がいってしまう

一度読んだだけでは、理解できませんでした。

仮説の精度をあげて、課題を解決するスピードを上げる。仮説をイシューで考えて分析する。

読者

E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe093b767da c161 4ca5 978f a90f99e9769fD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 2595413885915676f79c fea0 40ad b2d7 699fcca5197eFfd4b3fc 8068 4b0d ab21 32b2aa1def464dc2060f c0cd 4d0c 9ac6 7c366edce30a7e3232c9 65d3 4ece 9c17 91efc1d90cecA621e03d 92a8 47fd a1ee 1402be506986 74人

安宅和人の本