51k4hamqrzl

イラン、アフガニスタン、シリア、ソマリランド、パキスタン……。酒をこよなく愛する男が、酒を禁じるイスラム圏を旅したら? 著者は必死で異教徒の酒、密輸酒、密... 続き

コメント

辺境作家、UMAを追い続ける高野秀行さんの中でも、出色のタイトル。飲酒が戒律で、法律で禁じられているイスラム各国でぐびぐびと飲む。その過程や現地の人たちと杯を酌み交わすことにより、生の生活や文化、伝統が浮かび上がってくる。

イスラム圏内で、著者が仕事の傍ら酒をひたすらに求める日々を綴った一冊
「ただ酒を飲みたい」という希望から
「現地の人と楽しくのみたい」
「酒類御法度の国で作られた地酒が飲みたい」という願いにいつの間にか発展。
酒を禁じられている国に生きる人々の、酒との関わり方がよくわかる。

「ムスリムの人たちは酒を飲む人も飲まない人も、気さくで、融通がきき、冗談が好きで、信義に篤い」と高野さんが言うように、イスラム圏内に行きたくなるルポ!人間やっぱり酒が好き!

著者はアル中ではないと断固否定しているが、周りの目など気にしないその執念は完全にアル中。笑
「酒」を通して、現地の人々の人柄や文化を感じることができる。

読者

C258d719 e0b7 459f ba49 d4a4b601290d5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d2b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870A1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6eDa0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d8645753ae 242d 47c7 bd99 f149b0b050ce17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af972c18881 77a4 4682 bff9 ece902bdaa1c 12人

高野秀行の本

辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦

辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦

76440943 bfc8 44a0 8c4b f51706576ad0

ばっとうさい

色々なジャンルの本を読みたいです…

こんな読書会をしてみたい!そう思わせる、ワクワク感に満ちている。 専門分野の全く異なる二人が「辺境」という点で話が弾む。 ここに示された本は、読んでみたい!と思わせる。 実際に『ギケイキ』や清水氏の『喧嘩両成敗の誕生』を読んだ。

7か月前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Ead79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a8Ceee7ead 53b4 4e8b 94bf b91e95ea3dd6 23
間違う力

間違う力

E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c

toko

最近読書量が落ちてるのが悩み

エンタメノンフ作家はいかにして出来上がったのか。面白いです。

9か月前

西南シルクロードは密林に消える

西南シルクロードは密林に消える

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

中国雲南省からビルマに入り、西南シルクロードと呼ばれた伝説の交易路を辿る旅。北ビルマの山間地を、反政府ゲリラの案内で、ときには象に乗ったりして進みます。よく帰ってこれたなという他ない探検の記録。

11か月前

5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d55294e6a 7fce 4234 bbed 88b48b3c7bab01c48291 800f 46f1 b689 c087c8cb7020