511cimxxndl

発行元から

ウルビーノの領主の非嫡子として生まれながら、傭兵隊長として財をなし、画家ピエロ・デッラ・フランチェスカや建築家ラウラーナ、マルティーニを育て絢爛豪華な宮殿を建設。権謀術数渦巻く15世紀を生き抜いた一領主の生涯と功績から初期ルネサンスの光と影を描く。

ノンフィクション

死体格差 解剖台の上の「声なき声」より

死体格差 解剖台の上の「声なき声」より

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

広島出身/精神科医/カープ/競馬…

法医学教授が自ら多数行なってきた法医解剖から、死と生のもう一つの観点を提供する。「最後のお風呂」、幼子の遺体の解剖、さまざま「死に方」など、率直な思いが綴られており、心を揺さぶられた。

3日前

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd80e34008d b593 4059 8ac2 f413ea08158fF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113
こころに残る 家族の旅

こころに残る 家族の旅

222cb097 4f80 4b63 a36f e051845813d3

Sue

本と絵が好き

家族旅行って、今だからこそかもしれないけど、味があっていいなと思う。 喧嘩するとか、別行動するとか、旅先だけどいつもと同じことをするとか、家族次第でどんなやり方もアリなのである。 正解がない、でも自分達はこれがいいと思える、そんなスタイルの旅ができるのが、家族旅行の良さだなと思った。

27日前

Icon user placeholderCd089201 46b1 4f2b a046 b0ef2685e1ac
私が愛した渥美清

私が愛した渥美清

5728673c 5af3 4736 9c56 4c7c0213fd3b

honyomi66

健康だけが取り柄です。

仕事上少しだけ縁のあった世界のことでしたので夢中で読了しました。今もって権力を持つ人を大胆にチャカしていて驚きです。小さな会社でチャカして廻っている私はそのせいでクタクタですが、筆者もきっとストレスを得ているのではないのでしょうか。それとも達観されているのでしょうか。ともかくも私の好きな渥美清さんでした。

約1か月前