41zjm geqwl

コメント

久しぶりの森博嗣。シリーズ外作品ならではの作風でした。エピローグとプロローグの時間軸がどうなってたのかだけ気になります。

その他のコメント

若い奥様と 知り合った人の死にまつわる話…かな

今の時代では考えられないだけでなく、いいとこのお嬢様な主人公なだけあり、庶民からしてみればとても非現実的な状況下であるけど、だからこそ美しいなぁと思えた。色々な経験や空想があっても、その人の純粋な印象は変わらず。生暖かい風が気持ちよく吹いているような爽やかな感覚。読み終わった後も暫く余韻に浸りました。

読者

Akiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholderIcon user placeholder5add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b4137945cffc967 c952 41df 84d1 d5c3bfc0a727C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b 11人

森博嗣の本

読書の価値

読書の価値

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

読書の価値観は読み手によって大幅に違うということを認識しました。でもそれが面白いところですよね。共感もあり反感もあり、読後に自分が何を感じたかを私は大切にしています。〝選書の時間も含めて読書〟には同感です。タイトルが気になり手に取った専門書、難しそうで諦めたことが何度もあります。著者は、わからないということがわかったそれだけで読んだ価値があると述べています。自分にはわからないことがこの世界にある、その体験こそが次の興味関心へと繋がるということですね。どんどん本を読もう。それぞれに合ったペースで。

2日前

3cdb51aa f77e 4dc8 b406 c0f1cf771e4fF4804186 5bc1 41e2 a2c1 f09f650784dcIcon user placeholder 11