41zjm geqwl

コメント

久しぶりの森博嗣。シリーズ外作品ならではの作風でした。エピローグとプロローグの時間軸がどうなってたのかだけ気になります。

その他のコメント

若い奥様と 知り合った人の死にまつわる話…かな

今の時代では考えられないだけでなく、いいとこのお嬢様な主人公なだけあり、庶民からしてみればとても非現実的な状況下であるけど、だからこそ美しいなぁと思えた。色々な経験や空想があっても、その人の純粋な印象は変わらず。生暖かい風が気持ちよく吹いているような爽やかな感覚。読み終わった後も暫く余韻に浸りました。

読者

Akiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholderIcon user placeholder5add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b4137945cffc967 c952 41df 84d1 d5c3bfc0a727C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b 11人

森博嗣の本

悲観する力

悲観する力

116ba7b3 6dd7 4d80 a256 d36d29a292a6

matsuda

大学生です

自分が思っていたことを肯定してくれた。 楽観的すぎるのもいけないし、悲観的すぎるのもいけない。 楽観しながらも悲観する。 悲しむ方向ではなくて、マイナスを想定して準備する。

5か月前

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841

あめだま

好きな作家は森博嗣、村田沙耶香、…

このハードカバーを手に取った頃はまだ森博嗣作品を読み始めたばかりで、登場人物の名前がうまく自分の中に取り込めなくて途中で挫折してしまっていた。 Wシリーズに着手したころ、これが百年シリーズの後の話だと知った。なので完結まで読み終えたあと文庫本にて読み始めた。 Wシリーズを先に読んでいたことで、ピースのハマり方が逆に恐ろしかった。 (森博嗣作品の面白いところだと思うけど。) 綺麗に終わったので、続刊がどうなるのか楽しみ。

6か月前

Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be 12