51bmzmyvmsl

コメント

Aside、Bsideに分かれていて、最後のヒントを読んだらやっと意味がわかった。
そういう工夫を凝らしていたところで面白いと感じた。
続きだとは限らないー。

その他のコメント

今まで読んだ本の中で一番つまらなかった
お金返してほしいレベルです
はっきり言って「大どんでん返しがある」以外何の魅力もない小説です
普段本を読まない人なら新鮮に感じて面白いかもしれませんが、ストーリーもそれほどですし、トリックを知ったところで「だから何?」です
巻末でトリックの解説を長々と語っているのにも寒気がしましたし、「このトリックを書きたいがためのおまけのストーリーなのだな」と感じました
読む前も読んだ後も「トリックすごいよ!どうどう?」というアピールの激しさ
うんざりして読み終えたその日に二束三文で売り払いました

何となく昔話題になったなと思い今更読みました。
Bサイドが読み終わって、鈴木さんの思い出と名前が違うと違和感を感じ…どゆこと??と思いネタバレを見ると、あー!って感じです。

読者

431ba723 6ce7 4ea8 b99a 419eb306ba56C1169997 c71e 4fe5 9f5c 736f3acc810bDf016139 7043 4074 9caf d5b04be600077f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f986f828a 15ac 44f1 b8fc 63e14c6cb24d8d327017 833d 4b39 9f67 b8cb49961d097b33feac 70da 4d4c b6e7 19fac8c0c9459159a033 580e 4360 9d96 19087f305ec3 53人

乾くるみの本

物件探偵

物件探偵

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

この作者は、何書いても不思議と面白い。今回は、それに加えてタメになる。続き読みたいです。

1年前

0b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d694463c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb7c6e24c4 fe88 4c79 8c68 4ae9af9b02a7 18
蒼林堂古書店へようこそ

蒼林堂古書店へようこそ

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

私のような、中途半端なミステリーブァンには太刀打ちできないミステリーガイドがついています。反面、本文は《日常の謎》と呼ばれる普通の人たちの周りで起こる普通でいて少し不思議な謎を古書店の主人が解いていくという設定のハートフルな連作短編集です。 ささやかな日常で起こるちょっとしたミステリー。でも、いちばんの謎は人の心、男女の仲なのかなと思ってしまうラブストーリーでもあります。最終章ではストレートに心の中を伝えられないもの同士の告白があり、少し幸せな気分を味わえました。

1年前

0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a5a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669ed
セブン

セブン

99574cab 737d 4433 9fc5 8593285c537c

Kohki Tsuji

中学生の頃から伊坂幸太郎さんの本…

つまらなくはないと思うけど、自分には少し合わなかったのか流し読みになってしまった。

3年前

09fe1da7 e314 43fc 8aec cbfe431f5097Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435
Jの神話

Jの神話

66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d

はらやん

東京都の小学校の教員です

好きな作家だからハードルを上げすぎたのかな。非現実すぎて少しついていけなかった。

3年前

09fe1da7 e314 43fc 8aec cbfe431f5097Icon user placeholder2e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fc