41ockraapfl

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説-と思いきや... 続き

コメント

自分鈍すぎて、と言うか前半と後半かなり時間を空けて読んじゃったから読み終わってスグにはトリックに気付かへんかった(笑)

そーいうことかぁ...なるほど。
レビューとかあんまり読まずにトリックがあるって身構えずに読んだ方がいいかも

その他のコメント

最後の二行でのどんでん返し、という謳い文句の秀逸さ。
最後の二行へ向かうにつれて感じる違和感、不気味さ、そして真実を知った後の衝撃。
静岡出身であることも合わせて、大いに楽しめました。

読者

5f789a04 8222 44bc 9511 709d5bd5fceeB4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df78819ef64 91d0 4e81 b1c4 a73cf82d2b0a136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730feE765d9b7 e2e4 458e aee7 996c28e32e403e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b6d261940 d173 40d2 8d77 8ef0516a1422Ee01c2f2 d31c 48d5 b6cb 3532c28619e8 161人

乾くるみの本

51ijfb9x3yl
Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

私のような、中途半端なミステリーブァンには太刀打ちできないミステリーガイドがついています。反面、本文は《日常の謎》と呼ばれる普通の人たちの周りで起こる普通でいて少し不思議な謎を古書店の主人が解いていくという設定のハートフルな連作短編集です。 ささやかな日常で起こるちょっとしたミステリー。でも、いちばんの謎は人の心、男女の仲なのかなと思ってしまうラブストーリーでもあります。最終章ではストレートに心の中を伝えられないもの同士の告白があり、少し幸せな気分を味わえました。

9日前

51bmzmyvmsl
E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1

フライ

濃厚

最後の二行で全て察する。という状態になるのは初めてでした。 読んですぐ映画を見たのですが、実写化不可能と言われた部分が非常に巧みで、こういう手があったかと脱帽しました。そういう意味で何度も目からウロコで楽しめる作品なのではないかと思います。

7か月前

75956a23 3f86 4cb4 85f9 3c2b7c3e59ea84b7f078 1707 4d7a 873b 96898bbba57bC09f2ab5 7329 4049 97fe e1381742c40e 9
51vzgsaslwl
99574cab 737d 4433 9fc5 8593285c537c

Kohki Tsuji

中学生の頃から伊坂幸太郎さんの本…

つまらなくはないと思うけど、自分には少し合わなかったのか流し読みになってしまった。

1年前

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435Ba711a48 c144 498b 9aaf e440d9597b9e
41 xjozcqnl
5647a0b0 3356 4faf 9059 414cb8911d8f

はらやん

東京都の小学校の教員です

好きな作家だからハードルを上げすぎたのかな。非現実すぎて少しついていけなかった。

約2年前