41ockraapfl

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説-と思いきや... 続き

コメント

期待し過ぎたのでしょうか…
うん。そうやろな。という感じでした。

その他のコメント

最後の二行でのどんでん返し、という謳い文句の秀逸さ。
最後の二行へ向かうにつれて感じる違和感、不気味さ、そして真実を知った後の衝撃。
静岡出身であることも合わせて、大いに楽しめました。

読者

97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351Fbd75f5b fb47 4945 abff 8028535db92e6ee099c2 876b 42c6 a86e a50b5b0d369b1e4ee0ab a97f 4c59 b552 9fb7a52598953c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333D2de8cc2 504c 4576 8435 5b231076293e727cc336 c0fd 4569 b02c 73449c738878F76b7470 f449 4b91 aa64 c9ef4fc60f54 241人

乾くるみの本

物件探偵

物件探偵

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

この作者は、何書いても不思議と面白い。今回は、それに加えてタメになる。続き読みたいです。

1年前

0b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d694463c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb7c6e24c4 fe88 4c79 8c68 4ae9af9b02a7 18
蒼林堂古書店へようこそ

蒼林堂古書店へようこそ

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

私のような、中途半端なミステリーブァンには太刀打ちできないミステリーガイドがついています。反面、本文は《日常の謎》と呼ばれる普通の人たちの周りで起こる普通でいて少し不思議な謎を古書店の主人が解いていくという設定のハートフルな連作短編集です。 ささやかな日常で起こるちょっとしたミステリー。でも、いちばんの謎は人の心、男女の仲なのかなと思ってしまうラブストーリーでもあります。最終章ではストレートに心の中を伝えられないもの同士の告白があり、少し幸せな気分を味わえました。

1年前

0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a5a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669ed
イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ

E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1

フライ

濃厚

最後の二行で全て察する。という状態になるのは初めてでした。 読んですぐ映画を見たのですが、実写化不可能と言われた部分が非常に巧みで、こういう手があったかと脱帽しました。そういう意味で何度も目からウロコで楽しめる作品なのではないかと思います。

約2年前

986f828a 15ac 44f1 b8fc 63e14c6cb24dEc84d964 6a3d 4fed a6e5 2da9d983bb397b33feac 70da 4d4c b6e7 19fac8c0c945 49
セブン

セブン

99574cab 737d 4433 9fc5 8593285c537c

Kohki Tsuji

中学生の頃から伊坂幸太郎さんの本…

つまらなくはないと思うけど、自分には少し合わなかったのか流し読みになってしまった。

約3年前

09fe1da7 e314 43fc 8aec cbfe431f5097Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435