41o4hpe65wl

最高の人生を生き抜くために。"Thinkers50"で第1位を獲得したクリステンセン教授のハーバード・ビジネススクールの最終講義。 続き

コメント

面白い本でした。最初は小さなズルだけのはずが、いつの間にか大きな犯罪にまでなってしまう、その怖さが心に残りました。

ビジネスにおける理論を人生に当てはめている。
長期で勝つために必要な考え方と、そのために短期で取り組めることについて書かれている。

読みたい

「イノベーションのジレンマ」で有名なクリステンセン教授が、「人生の価値」について書いた本。

組織のビジネス課題の解決や、市場動向のリサーチ。
そんな活動で使っている理論や戦略は「どうやって人生を過ごすのか?」という哲学的な問にもちゃんと応えてくれる。

「人生とは、こうあるべき」みたいな説教臭くない。でも、すごく説得力がある。

素晴らしい。

読者

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a458f25349 c1a7 48f5 9a17 624b445abf4a232cd860 a63b 4afe 8ecd e6427c4d0a06Icon user placeholder92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e681b99b7 f508 430c b465 54994bc685308a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597 7人

クレイトン・M・クリステンセンの本