Btn appstore Btn googleplay
9784479797036

「未来を生み出す方程式がここにある。夢×技術×デザインを実現するための知恵がこの一冊に」 ーー安宅和人氏、絶賛! (慶應義塾大学環境情報学部教授、ヤフーC... 続き

コメント

ビジネス、テクノロジー、クリエイティブの三方に明るい、非常にバランスの取れたチームを作ればこれからの次代に適応できるのでは、という本。デザイナー、エンジニアは読んで損はない。特に若い人。

個人的には、自分が既に持ってるスペシャリスト的な詳しい領域を誰かに教えることで深めつつも、もうひとつプラスαで新しく学ぶことを継続的に行う、なんて仕組みがとても素敵だと思った。チームでやれば、自然と学びのサイクルが生まれる。

takramの方々ってむちゃくちゃクレバーだから頭の中ものすごいことになってそうなのに、本の言葉は丁寧に分かりやすく書かれてて。知性は優しさのためにあるのだ‥!と感じた一冊。じーん。

読者

206fbbd1 5dc3 4d3f bfb1 ac68a00057a5B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4Cb4c02f2 499c 4300 a88a 5342bdd49a3c6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9C5971471 370f 4931 a3dc 22087fcf51a2 5人

ビジネス

成城石井の創業

成城石井の創業

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

成城石井の誕生物語。 なぜ成城石井があれだけ支持されるのか? その理由の一つである、創業者の商品に対する"こだわり"の積み重ねに納得。 ブランドとはお客様がどう評価するかであり、単なる表層的なイメージを飾れば良いのではない。 「ブランド」は小手先でつくれるものではなく、地域の本当のニーズを掴み、その信頼と実績の積み上げ! 大切なのは、専門性とその仕組み。 それは自分の生き方にも言えること。 誰にも負けないものをいくつ用意できるか 迷ったら難しい道を

2日前