31jvwya4xfl

コメント

かもめのジョナサンの著者リチャード・バックが書いて、村上龍が訳した本。手に取らない訳にはいかなかった。爽やかなストーリーで若い人におすすめ。

その他のコメント

村上龍訳の絶版本。この翻訳のほうが好きだ。なにか知らない間に体に巻き付いていた鎖に気づける本。

読むたび、読むたびに感じ方が毎回 違う。不思議な本。

読者

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d813f06169 874b 41ba b3fe aad8e63fba1aEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f8d9fb695 1033 4162 9330 e8dcd0a7523a6e486ba5 e00a 48eb 9deb 53af19c299e5A6a32a24 8934 4309 a879 a0a4721033c4 6人

リチャード・バックの本

かもめのジョナサン:

かもめのジョナサン:

36bb5a01 d282 4579 ab26 1dc05ba650c4

tara5

パラレルワールド

自分とは何か、何のために生まれ、何のために生きているのか。周りと違う事は悪い事なのか。向上心・好奇心を持ちそれらを持たぬ者への苛立ちを覚える。そう考える事がある人は少し心持ちが変わるのかも。マイノリティを肯定し更にはマジョリティに対しても愛をもって向かい合おうとするそのカモメは読み進めるうちにまるで神に近いもののように感じられた。しかし見方によってはやや押しつけがましい、いわゆる新興宗教の勧誘者のような不穏な感じ方も出来る。あまり深く考えなければ素晴らしい書だと思う。

約1年前

C53386a5 a9b8 436a 9389 9d5266341452D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb239658171791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41 16
ONE

ONE

A436b1f3 3772 45cc 91f9 9995d1a3a2a1

しょう

リチャードバックとヘルマンヘッセ…

パラレルワールド、選ばなかった人生について考えさせられる本です。

3年前