51r9hu%2b8ykl

コメント

連作短編集のつもりで、書いたのではないみたいなのですが、どうなんでしょう?
今まで書いた短編を集めて、書き下ろしで補い。ラストの一編でまとめてあります。
「エピローグ」まで、是非読み切ってください。
説明ありきの解決の仕方だなぁとは、思っておりました。作風なのか、作為的なのか。。。、。
この本の主人公は佐倉君です。
謎に対して最後で、不安に慄くのも佐倉君一人です。

その他のコメント

日常の謎系かと思ったら、最後にちょっとびっくり。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad43abb8de2 97e5 49ec bc9d c3373516b30f

沢村浩輔の本

週末探偵

週末探偵

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

男2人の探偵事務所 開業するのは週末だけ 日常のちょっと不思議に思いつつも そのままになってしまうような ささやかな謎を解き明かすための探偵事務所 だからお金はとらないが 自分たちが興味を引かれる話であること、犯罪や警察沙汰になるようなことはお断り、という条件のもとにやっていたが 犯罪に巻き込まれることになってしまう 話を聞いただけで 謎を解いてしまうのがすごくて なるほどなと思えます

約1年前

6210b55b a559 4fe6 9419 55dfdd817aa47d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4
夜の床屋

夜の床屋

B6c78ae2 2a00 4a2d 954f d4581d850bc5

日向

漫画中心

前半のちょっと不思議なミステリー路線が好き。最後の最後でファンタジーに逃げた気がするのがちょっと残念。

約3年前

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 23