51gxjypv9xl

お笑い芸人の夢破れ、ニートに転職した作者。最愛の彼女にも去られ……“インドにでも行くか!”。しかしそこは日本の常識が全く通じない驚天動地、摩訶不思議の世界... 続き

コメント

インド、行ってみたくなっちゃいますよ。
覚悟はいいですか?

その他のコメント

インドに興味津々

カラフルでキッチュな雑貨、神秘的で雄大な風景、民族衣装をまとった美人、みんな大好きカレー、そして、なにやらインドに行くと人生変わるらしいという噂・・・わたしもそんな「インド像」(インド象ではなく)に憧れる女子の一人でした。
そして、そんな理想の「インド像」と真逆のインドがこの本には・・・あります!!
きつい・汚い・危険の3Kが旅人に容赦なく降りかかる(しかも詐欺師が跋扈する無法地帯)本書のインドですが、楽ちん・清潔・安全がなくても人間生きてけるからくよくよすんなよ、踊ろうぜって、教えてくれてるのかもしれません。
やっぱり、インド、一度は行きたい。
著者のように弾丸インドする勇気はないので、来る日のために修行します。
真面目に書いちゃいましたが、アホなノリの本なので笑いながら読むのがいいです。
ややネタバレかもしれませんが、本のタイトルがインドなんて二度と行くかボケ!なのに、この本の中ですでに2回インドに行ってるのが私は一番ツボでした。笑

読者

Icon user placeholderBfe75e70 0dce 48ce 98f4 b7ec5eb9b91dEdab94c6 2a56 4ef3 964e f8e6ee5d2606D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c638bc5b5 6516 43d7 a9ab 1df9167abe43252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c7351ebc3 ae6c 4d8b 8e50 5e2e317ed52b3d3d8eb2 a6d2 43f3 add6 1d9819f184b1 8人

さくら剛の本

感じる科学

感じる科学

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

ちゃんと読んだら科学のことがなんとなくでも分かるんだろうけど。。 自分にははまらなかったな。

1年前

1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a7170d921 f67d 4cde a69e a1139f55f9feEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794
ゾンビの哲学に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。

ゾンビの哲学に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。

2bd0bda4 b5c1 4657 a139 0727faa512d1

yone

気分でなんでも読む

「哲学はあっちゃんと大島優子の抜けたAKBだ」意外と秀逸な例えで、これだけでも読む価値あった。超わかりやすい哲学入門。興味はあっても読みきれなかったり挫折していた哲学の本。なぜわかることをわかりにくく書くのか、そもそも哲学ってなんなの?その辺からギャグっぽくツッコミいれながら書いてくれているのでとても読みやすい。ふざけているけれど、少しだけ哲学を身近に感じられる良書だと思う。

1年前

Be2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa302298647 aecf 4ade 9e6e 0553fe0a2fc32e5778d4 27dc 4f49 9f99 7c4e95c48aaf 11