Btn appstore Btn googleplay
416rg5nb7zl

ロス郊外にある奇妙な博物館。その存在は訪れる者を動揺させ、西欧近代の出発点の根底を震撼させる。P.オースター、O.サックスら絶賛の傑作ノンフィクション。 続き

コメント

現実と空想の境界にあるような本。
ロス郊外にある奇妙な博物館を訪れる話として始まる。
図版が効いてて、読んでいると不思議な気持ちになる。

読者

C89f089e 7342 4f46 ad44 98bff3554545

文学

ファインダーズ・キーパーズ 上

ファインダーズ・キーパーズ 上

1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8

オールドファッションドボーイ

ボロは、着てても心は、錦

ミスターメルセデスの部分が登場しすつ、いろいろな仕掛けを見せてくれる。キングは、面白い。下巻が楽しみ。

2日前

359d604c 95e2 434a bdbb 18d0e0c5e18b6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455f0869a843 e547 4969 aed2 3fd69fc3cff1
掟上今日子の遺言書

掟上今日子の遺言書

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

まるで忘却という自分のハンデを楽しむかのように推理を展開する今日子さん。 バラバラの断片を最後、一気につないでいく勿体ぶった、かつ、紛らわしい今日子さんの推理は今回も健在! ラスト1行の執筆が深い。

2日前

8ab211a1 14f9 490e b954 34710a4b15ba1cbff4d3 a5a5 45eb 9033 1ef0b1441b3aEc385d45 c2cb 46e3 8f59 0391e116e2b1 14