Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51ti3qjsdpl

職場の雑事に追われる事務職のOL・ネゴロ、単調な毎日を送る平凡な20代サラリーマン・フカボリ、進学塾に通う母子家庭の小学生・ヒロシ。職場、将来、成績と、そ... 続き

コメント

椿ビルディング。
もう、ずい分と古いビルらしい。暗く、湿った空気をまとい、取り壊しの噂さえある。
その建物の西棟、ウエストウィングに通い、働き、学び、する人達。ネゴロ、ヒロシ、フカボリ。
彼ら三人の語りを軸に物語は進む。三人三様に向き合う不安や課題は、身につまされるものがあり、想像される背景は常に灰色に暗く潰れている。
ただ、なんであろう。しんどくない。むしろ、最近の雨、続く天気に少し沈んだ気持ちから何とはなくすくわれたかのようでもある。不思議な小説だ。

読者

2f2616b0 e8b8 4016 b299 a4c5aaaee63a1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75202293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d 3人

文芸

白いひつじ

白いひつじ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

短期間の話ですが、時間が過去にも未来にもしっかり繋がっていて奥行きが感じられました。BLも少々入っていて、あれこれ主人公も私もアタフタしてしまいましたが、愛情ある話でした。寮生達は個性的で、鳥貝は羊の雰囲気!漫画にしたい!

12分前

リーチ先生

リーチ先生

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

この小説には、柳宗悦、富本憲吉、濱田庄司、河井寛次郎、高村光雲、高村光太郎など実在する名だたる芸術家たちが次々と登場する中で、主人公の亀乃助のみ実在する人物ではなく、架空の人物だった。そして、その存在こそが民藝運動の本質の部分であり、亀乃助を通して民藝とはどういったものなのかを表現しているように感じた。 生活日常品て目を向けられなかったことにも美しいものは存在していて、同じようにきっと名だたる芸術家の横には亀乃助のような名を知られることなく消えていく優秀な人々が存在し、それは芸術という分野だけではなく、普段の生活においてもそのようなことに溢れているのではないかと思う。生きていく上で、見落としてはいけないとても大切なことを教えられた気がする。

約7時間前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849 21
奇跡の人 The Miracle Worker

奇跡の人 The Miracle Worker

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

三重苦の少女と教師の物語はヘレン・ケラーとアン・サリバンをモデルにしているのだけれど、舞台を日本にし、作者の丁寧な感情表現によって、オリジナルの素晴らしい力強い物語になっている。泣きながら読んだ。

約19時間前

6ec85a3e 6f75 4c25 8ef3 fc2e29aa0261Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849
空、見た子とか (角川文庫 (5827))

空、見た子とか (角川文庫 (5827))

7fbd141b a4c6 46c9 905c 8d70bd065902

kantaroh

ブルーにこんがらがって

「荒唐無稽な物語にただの言葉遊びが小説だって、ちゃんちゃらおかしいよ」 「読まず嫌いはいけないよ」 「なになに、主人公の肉体が取っ替え引っ替え、僕帝国がウンタラカンタラ」 「で、どうだった?」 「これは小説だね」 「そらみたことか 」

約24時間前