61tjta6rril

優柔男、身体目当ての男、不倫男――。 ヤツらの養分になんかならない。 私たちは戦う、きれいな服で武装して。 “対男用”のモテ服好みなOL早希と、 豪華... 続き

コメント

人間の心情をこんなにも分かりやすく描けるのがすごい。全く共感できなさそうなプロフィールの主人公であっても、読んでいるといつのまにか「うんうん、そういうこともあるよなあ。分かる。」ってなってる。

その他のコメント

綿矢りさの作品はいつも可愛い女の子の声で脳内再生される。たとえ男が主人公であっても。綿矢作品は自分とは異なる感覚の人物が多く描かれるけど、でもわかるし、読んでて面白い。綿矢りさは不思議な作家だ。可愛い人だ。

読者

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51F3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc2106F143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112538eee8c 0672 4b8f 85e7 c4c452d8850fIcon user placeholder1e4ee0ab a97f 4c59 b552 9fb7a52598953c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d9633387650366 ab3c 4993 8bda 9126ce3c7122 24人

綿矢りさの本

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

6ff03753 6671 4827 90eb 1c2c21195639

chiii

2019/5月から、Twitte…

「100万回生きたねこ」、読んだことありますか?これは、13名の作家さんが絵本「100万回生きたねこ」へ、作者の佐野洋子先生へ、愛を込めて書いた短編小説集です。 ふと、子供の頃国語の先生に愛と憎しみは一直線上にあるとしたら、対極じゃなくて、隣通しなんだと教わったことを思い出した。生と死もそうかもそれない。時間という線があるとしたら、生まれてから対極の死に向かって生きてるような気がしていたけど、私たちの魂は生と死の狭間で揺れ動きながら、時間のループの中をずっと走っている。どこに辿り着くかもわからないのに。まぁ、生まれ変わってまだ8万回目だから、あと92万回生まれ変わったらわかるかなぁ〜。 (ちょっとでも本の感想を書けばネタバレしそうな気がしたので、絵本も含めて読んで行き着いた自分の考えを少し書きました。お気に入りは、角田光代先生の「おかあさんのところにやってきた猫」) 2019/6読み終え**

2か月前

3097db1a b12b 4f5f 9ef0 21799ca65b21D517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb85a4b8da4 c3df 4636 870c e4999d538415 11
蹴りたい背中

蹴りたい背中

55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専…

うーん、あんまり感情移入できる部分がなくて、 よくわからなかった。。。

5か月前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholderF2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a6 41
意識のリボン

意識のリボン

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

8話からなる短編集 物語もあれば哲学的なものっぽいのもある感じ 女性は犯罪被害者になりやすかったり 母親として子供の心配ばかりしたり 「このままならない世界で 手をつなぎ ひたむきに生きている」という帯の言葉に共感

1年前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c221155726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724 16
かわいそうだね?

かわいそうだね?

522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211

Chiiico

本から雑学を

大阪弁で怒り狂うのはすごくスカッとした。亜美ちゃんとさかきちゃんの関係はどこかで見たことある気がするくらいリアル。

1年前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520563ef63e a832 4a83 954f 5ff287f0c8f00a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce4 41