51wlcdri6gl

ぼくの名はエイジ。東京郊外・桜ヶ丘ニュータウンにある中学の二年生。その夏、町には連続通り魔事件が発生して、犯行は次第にエスカレートし、ついに捕まった犯人は... 続き

コメント

14歳の主人公。『多感』の一言では表せない。ちょっと読むには年取り過ぎたかも。

その他のコメント

私が大学1年で読むには若干過去を振り返る程度の感覚で、何となく深入りする事なく読んでしまった。

中学生の頃推薦図書にあった記憶。どうかな。って読んでみた。難しい感情や感覚を言葉にしようとして、むず痒くなってしまうような感覚、誰もが持っていたと思う。そんなもどかしさを覚えながら思春期を過ごしていく”エイジ”と、周りの変化。自分の過ごした中学生活によって捉え方は人それぞれだと思う。昔を思い返しながら、照らし合わせながら。読みやすかった。

読者

0849169a 2b3a 4312 b08b e049c31acb87E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bIcon user placeholder3436c9e3 85da 4791 a1dd adb5911ed55b6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06A1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc692E9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e81bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f 28人

重松清の本

どんまい

どんまい

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

一人一人が人生の主人公であることを思い出させてくれた。 洋子のもと夫は許せないけれど。

2か月前

C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d93c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b8583915fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c
きみの友だち

きみの友だち

67ef9872 8f01 4ff3 a118 8f44c49b5d2e

nancy705

あまりにも本を読んでこなかったの…

1話1話大事に丁寧に心をフラットにして読みました。この年頃、自分のあの頃がリンクする。目の前の事しかみえなくて、ちっぽけなことを精一杯悩んで。わけもわからずイライラして。友達とのいざこざは形は変われど今も昔も変わらない。そしていつか人は成長する。誰もが通ってるんだよこの時間。大人になっても忘れないでって怒ってばかりの大人に言いたい。

3か月前