51okoqtgtzl

コメント

宮内悠介の初の長編。火星を舞台にした精神病院のお話。宮内さんの作品は、自分の読書リズムと合っていて、スラスラ読めて心地良い。ストーリー自体は深くて重いのに、不思議です。これからも、追い続ける作家のひとりですね。

読者

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31198fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860A14b0e0b ffd8 4371 b4ed d571feeaa2ee440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb85863c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cbAkiaivjyeuyp25rambwa 7人

宮内悠介の本

偶然の聖地

偶然の聖地

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

作者の才能やら好みやらかが、如何なく発揮されている。楽しく読めるけど、中身の理解はちょっと難しい。でも、それでも良いんだって思わせる作品。

19日前

7e5b5510 fe27 4ed2 971e ad926d497a0a84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690
うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

3か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921848361a42b c96a 48a7 b536 1855e6c2d3d6 16