51cyqdj9rll

その病院は、火星の丘の斜面に、カバラの“生命の樹”を模した配置で建てられていた。亡くなった父親がかつて勤務した、火星で唯一の精神病院。地球の大学を追われ、... 続き

コメント

事件の規模の割にコンパクトにまとまってしまって少し拍子抜け、と思った。

読者

32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66

宮内悠介の本

月と太陽の盤

月と太陽の盤

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

宮内悠介さんのミステリー小説。ハラハラ・ドキドキするようストーリーではないけど、人物がしっかり描けてて、落ち着くミステリーだなーと思いました。

3か月前

偶然の聖地

偶然の聖地

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

作者の才能やら好みやらかが、如何なく発揮されている。楽しく読めるけど、中身の理解はちょっと難しい。でも、それでも良いんだって思わせる作品。

5か月前

328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a7e5b5510 fe27 4ed2 971e ad926d497a0a84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690
うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

8か月前

Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b20d38d5bd af37 40f6 a34a 0b0a9a65720b6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9 18