51cyqdj9rll

その病院は、火星の丘の斜面に、カバラの“生命の樹”を模した配置で建てられていた。亡くなった父親がかつて勤務した、火星で唯一の精神病院。地球の大学を追われ、... 続き

コメント

事件の規模の割にコンパクトにまとまってしまって少し拍子抜け、と思った。

読者

32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66

宮内悠介の本

宮辻薬東宮

宮辻薬東宮

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

豪華なメンバーの書き下ろしアンソロジーです。 落とし所が皆さんそれぞれなので、ドキドキしながら読みました。

約1年前

Ab05e64b 2c48 4225 bbaf 052c49d36ac2014253d4 6080 4951 9119 24735184a69684d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690
エクソダス症候群

エクソダス症候群

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

宮内悠介の初の長編。火星を舞台にした精神病院のお話。宮内さんの作品は、自分の読書リズムと合っていて、スラスラ読めて心地良い。ストーリー自体は深くて重いのに、不思議です。これからも、追い続ける作家のひとりですね。

約1年前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31198fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860