51k baq5xhl

コメント

好きすぎて、表紙を見るだけでワクワクする。みかんとチューインガムが食べたくなる。

子供の頃に毎朝、教室で当時の先生が読み聞かせをしてくれた本。数十年も前に思い描いたワクワク旅するイメージは、皆の心に残り続けているだろうか。

この本でひらがな覚えた。必死になって覚えた。続きを読みたくて。本好きになったのは、この本のおかげ。りゅうの夢ばかりを見ていた。心優しいりゅうの背中に乗って冒険に行く準備は今でもいつでもできている。

子どものころ、大好きだった本。ガムや歯磨き粉、クシと輪ゴムとリボンでピンチを切り抜けるエルマーにわくわくしました。

最近、作者ルース・スタイルス・ガネットはガース・ウィリアムズに挿絵を頼みたかったけれど断られ、父の再婚相手のルース・クリスマン・ガネットに頼み、編集者であった父と3人でレイアウトを決め、地図やフォントは父の手によるものだということを知った。
『「エルマーのぼうけん」を書いた女性』ルース・S・ガネット』前沢明枝著 福音館書店

実は
“エルマーのぼうけんすごろく”
も持っている(自慢)

大人になってから読みました。原書を、英語の勉強のつもりで。児童書の面白さを教えてくれた大切な本。ドラゴンはきっと今もどこかにいるんだと、私は本気で信じています。

小学生のころ、初めて読んだ時からすごく好きになった。ワクワクするような冒険が自分にもできる気がしてた、楽しい思い出の本。今あらためて読むと、あれは子どもだからこそ感じ取れたんじゃないかと思うほど、色あせた印象だった。小さいうちに、読んでほしい本。

子供の時に何度も読んだ本
子供時代に出会えて良かった
とにかく冒険にワクワクしっぱなし

小学校、低学年から中学年におすすめしたい。
面接時、「児童に読ませたい本はあるか?」
そう問われた時、なんと答えられるか
自問自答した。

エルマーのぼうけんでは
エルマーがどうぶつ島を冒険する。
その中で次々、猛獣に遭遇し
道をはばまれそうになる。
そんな時、エルマーは
かばんの中のものを工夫して用い
猛獣たちをしりぞける。
そして、最後には自身の目的を
成し遂げることが出来た。

児童たちにも社会的問題を
工夫して解決する力を身につけさせ、
それぞれがもつ将来の夢を叶えさせてあげたい。

シリーズ全部読んだよね。
懐かしい。今度実家から持ってこよう。

なつかしいー!シリーズ全部何度もみかん食べながら読んだなぁ。

幼稚園の頃先生が読み聞かせで読んでて、聴き入ったのを覚えてる
わざわざ続きを親に買ってもらって
ひらがなはこれで覚えたし
本への欲はここから始まった

読者

2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a0452670b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d8Icon user placeholder8f4d391f 24ce 46f0 a579 cb89f81d82055b6a3560 0665 41c4 8f1f 8b39ae0a67f73a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf5114a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e8d9fb695 1033 4162 9330 e8dcd0a7523a 27人

ルース・スタイルス・ガネットの本

エルマーとりゅう

エルマーとりゅう

Fee945a3 e891 4fdd 808a 9d6d34e6c5be

ミッキー

ゲームと、読書が大好き!

保育園のとき、読んでもらって、たまたま、古本屋に売ってたから、買った。久しぶりに読んだら、ドキドキの冒険物語!

約3年前

2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a0452670b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d8E1fc7909 c16b 4c14 a0ff a29d266e8cf2