51k baq5xhl

コメント

子どものころ、大好きだった本。ガムや歯磨き粉、クシと輪ゴムとリボンでピンチを切り抜けるエルマーにわくわくしました。

最近、作者ルース・スタイルス・ガネットはガース・ウィリアムズに挿絵を頼みたかったけれど断られ、父の再婚相手のルース・クリスマン・ガネットに頼み、編集者であった父と3人でレイアウトを決め、地図やフォントは父の手によるものだということを知った。
『「エルマーのぼうけん」を書いた女性』ルース・S・ガネット』前沢明枝著 福音館書店

その他のコメント

好きすぎて、表紙を見るだけでワクワクする。みかんとチューインガムが食べたくなる。

子供の頃に毎朝、教室で当時の先生が読み聞かせをしてくれた本。数十年も前に思い描いたワクワク旅するイメージは、皆の心に残り続けているだろうか。

読者

2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a0452670b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d8Icon user placeholder8f4d391f 24ce 46f0 a579 cb89f81d82055b6a3560 0665 41c4 8f1f 8b39ae0a67f73a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf5114a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e8d9fb695 1033 4162 9330 e8dcd0a7523a 27人

ルース・スタイルス・ガネットの本

エルマーとりゅう

エルマーとりゅう

Fee945a3 e891 4fdd 808a 9d6d34e6c5be

ミッキー

ゲームと、読書が大好き!

保育園のとき、読んでもらって、たまたま、古本屋に売ってたから、買った。久しぶりに読んだら、ドキドキの冒険物語!

約3年前

2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a0452670b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d8E1fc7909 c16b 4c14 a0ff a29d266e8cf2