61oc0rfhgzl

大たつまきに家ごと運ばれたドロシーは、見知らぬ土地にたどりつき、脳みそのないかかし、心をなくしたブリキのきこり、臆病なライオンと出会う。故郷カンザスに帰り... 続き

コメント

いったい自分は何を持たないのか、何を失ったのか、そしてそれを手に入れるたり取り戻したりする努力をしたのか?

今回あらためてこの古典的な児童文学を読み返して、大人になるにつれ失ったものに想いを馳せることになりました。

古典の古典たる所以は、その物語性の面白さだけでなく、その魅力が古びていかない不変性にある気がします。そして、その裏側にある人間に対する愛情やユーモラスでありながら、哲学的な問題も含んでいるテーマにも普遍性があるのではないでしょうか。

子供時代にテレビで見た覚えが有って、家が竜巻で飛ばされたとか、魔女が家の下敷きになった場面は覚えてましたが、どういう話なのかは分かってませんでした。 大人になってから、改めて書籍で読んで「そういう話だったのか!」と実感。 オズが与えたものは一種の『プラシーボ効果』みたいなものがあるなと私的な感想。 『プラシーボ効果』本人たちが幸せになれるのなら、良い意味で 騙されてみるのも有りだと思う。 ドロシーは本当に良い子ですね。 是非ともミュージカルも観賞してみたくなりました。

童話っていうのは、大人になっても楽しめるのが素晴らしい。読む瞬間によって、光って見える部分が変わるのも経験によるものなのかな。
これからは年に数冊は童話も読んでいきたい。
個人的に好きなキャラクタはかかし。

2015/12/02 読了

オズに会いに行くためにエメラルドを目指すドロシーと仲間たち。

脳みそが欲しいと嘆くカカシ。
心臓(ハート)が欲しいと悲しむブリキのきこり。
本物の勇気が欲しいと望むライオン。

自分に欠けているものを手に入れるために旅する一行。
はたして、みんなに本当に欠けていたものは何だろう。
脳みそ、心臓、勇気。
そうじゃなかった、
と分かったのは、私が大人になってからの話。

読者

E034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f726064907546 d086 49bf 8c9e c53054715db53b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Eb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d32e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a85b7b8dec eaa7 41a2 a4f6 6357fa4eb0e4D1453d3c a9db 40ea b3af 49e24563b8ea 8人

文庫

ガール

ガール

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

男世界における派閥、昇進争いやプライド、メンツの張り合いに晒され、はあ?なあにが男のメンツだ!!!と憤慨したことのある女性は多々いると思う。そういった方に特に同感する作品。 また、女同士のビミョーな距離感の計りあいとかガールの潮時を向かえつつある女の心情の変化が凄くうまく描かれていて同感しかない。 この物語に出てくる女性達は皆まっすぐで、自分に正直で、全力で走っていてカッコいい。

約2時間前

A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f08f73de7 afa2 4a08 b4e1 de3c7dfd02240402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00 19
方法序説

方法序説

E034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f7260

mi.asa

根っからの言葉フェチ

彼の思想の中には、共感できないものは大いにある。神学が絡んだ話とか。なぜなら私は無神論者だから、そこはどうも入ってこない。身体の構造や物質的な原理についても、正直なところ十分に理解できない。なぜなら私は9割文系の人間だからだ。笑 それでも私はデカルトが好きだ。 彼がいかに思慮深く慎重で、物事を多角的に見れる人であったか。それが文面から伝わるからです。 自分の思想や意思はとても強く、だからといって、他の意思や思想をむやみに批判することもしない。しっかり長所も理解した上で、はね除けるマイルドな批判者。笑 彼がしたのは批判でも否定もなく、思想の独立宣言。表紙に書かれていた言葉の適切さに感心。(誰目線) そして何より彼の『われ思う、ゆえにわれあり』という思想が私はたまらなく好きだ。 その意味は長くなるので割愛するけれど、この世界に確実に存在を証明することができるものは何もないけれど、今考えている自分という存在だけは確かなものだということです。逆に、想像してくれる存在がなければ、物事もまた存在してるとは言えない。全てのことは想像することでしか、存在できない。孤独な原理ですね。でも真理だと思う。うまく説明できた自信ないけど。笑 やっぱり何事も根元に触れるのは好きだなぁと再確認。

約6時間前

Icon user placeholderF31dc9b8 954e 4d4f 8612 66fea9482b2b07381173 98e8 4bdf 9975 1ae89a889dee 16