61oc0rfhgzl

大たつまきに家ごと運ばれたドロシーは、見知らぬ土地にたどりつき、脳みそのないかかし、心をなくしたブリキのきこり、臆病なライオンと出会う。故郷カンザスに帰り... 続き

コメント

いったい自分は何を持たないのか、何を失ったのか、そしてそれを手に入れるたり取り戻したりする努力をしたのか?

今回あらためてこの古典的な児童文学を読み返して、大人になるにつれ失ったものに想いを馳せることになりました。

古典の古典たる所以は、その物語性の面白さだけでなく、その魅力が古びていかない不変性にある気がします。そして、その裏側にある人間に対する愛情やユーモラスでありながら、哲学的な問題も含んでいるテーマにも普遍性があるのではないでしょうか。

子供時代にテレビで見た覚えが有って、家が竜巻で飛ばされたとか、魔女が家の下敷きになった場面は覚えてましたが、どういう話なのかは分かってませんでした。 大人になってから、改めて書籍で読んで「そういう話だったのか!」と実感。 オズが与えたものは一種の『プラシーボ効果』みたいなものがあるなと私的な感想。 『プラシーボ効果』本人たちが幸せになれるのなら、良い意味で 騙されてみるのも有りだと思う。 ドロシーは本当に良い子ですね。 是非ともミュージカルも観賞してみたくなりました。

童話っていうのは、大人になっても楽しめるのが素晴らしい。読む瞬間によって、光って見える部分が変わるのも経験によるものなのかな。
これからは年に数冊は童話も読んでいきたい。
個人的に好きなキャラクタはかかし。

2015/12/02 読了

オズに会いに行くためにエメラルドを目指すドロシーと仲間たち。

脳みそが欲しいと嘆くカカシ。
心臓(ハート)が欲しいと悲しむブリキのきこり。
本物の勇気が欲しいと望むライオン。

自分に欠けているものを手に入れるために旅する一行。
はたして、みんなに本当に欠けていたものは何だろう。
脳みそ、心臓、勇気。
そうじゃなかった、
と分かったのは、私が大人になってからの話。

読者

439bcb89 305d 4229 8bd4 7c8a9644bbc1Icon user placeholderIcon user placeholderE034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f726064907546 d086 49bf 8c9e c53054715db53b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Eb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d3 11人

文庫

百年法 (上)

百年法 (上)

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

久しぶりに感じた、「本が面白い」ってこういうこと。とにかくこの設定の妙が凄い。最初から最後まで物語の世界に引き込まれてしまった。 初めは、100年生きられる話だった。それなのに気がつけば、100年死ねない話に変わっていく。 なぜ、そうなってしまうのか。 それがこの物語の夢中になれる部分であり、この本を閉じる度にアレコレと考えていられる理由なのだろう。 面白い本はいつでも、「自分だったらどうする?」の問いかけを自然に投げかけてくれるものだと思う。答えを楽しみにしながら、下巻に飛びついた。

約19時間前

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1431ba723 6ce7 4ea8 b99a 419eb306ba565020dd43 95c9 4a01 afbf 6ff8e6fa864b 28
眼球綺譚

眼球綺譚

6e4dae2c ce67 4908 9004 b59710fbaf9a

鷺織

鷺織と言います

昨日初めて買って読みました。綾辻先生の本は以前から気になっていて、今回やっと手を出せたのですが、引き込まれる引き込まれる…。とにかく半端なく世界観の虜になる…。 怪奇小説で今まで読んだのは江戸川乱歩の人間椅子や芋虫、孤島の鬼などですが、また違った不気味さと凄さがありました。不気味と綺麗をごっちゃ混ぜにした感じ? 読み終わって出てくるのは、綾辻先生の頭の中どうなってんだろうって思いでした。もちろん褒め言葉です。また別の作品も読んでみようと思いました。

1日前

Icon user placeholder4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a715 8