61oc0rfhgzl

大たつまきに家ごと運ばれたドロシーは、見知らぬ土地にたどりつき、脳みそのないかかし、心をなくしたブリキのきこり、臆病なライオンと出会う。故郷カンザスに帰り... 続き

コメント

いったい自分は何を持たないのか、何を失ったのか、そしてそれを手に入れるたり取り戻したりする努力をしたのか?

今回あらためてこの古典的な児童文学を読み返して、大人になるにつれ失ったものに想いを馳せることになりました。

古典の古典たる所以は、その物語性の面白さだけでなく、その魅力が古びていかない不変性にある気がします。そして、その裏側にある人間に対する愛情やユーモラスでありながら、哲学的な問題も含んでいるテーマにも普遍性があるのではないでしょうか。

その他のコメント

子供時代にテレビで見た覚えが有って、家が竜巻で飛ばされたとか、魔女が家の下敷きになった場面は覚えてましたが、どういう話なのかは分かってませんでした。 大人になってから、改めて書籍で読んで「そういう話だったのか!」と実感。 オズが与えたものは一種の『プラシーボ効果』みたいなものがあるなと私的な感想。 『プラシーボ効果』本人たちが幸せになれるのなら、良い意味で 騙されてみるのも有りだと思う。 ドロシーは本当に良い子ですね。 是非ともミュージカルも観賞してみたくなりました。

童話っていうのは、大人になっても楽しめるのが素晴らしい。読む瞬間によって、光って見える部分が変わるのも経験によるものなのかな。
これからは年に数冊は童話も読んでいきたい。
個人的に好きなキャラクタはかかし。

2015/12/02 読了

読者

439bcb89 305d 4229 8bd4 7c8a9644bbc1Icon user placeholderIcon user placeholderE034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f726064907546 d086 49bf 8c9e c53054715db53b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Eb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d3 11人

文庫

マスカレード・ホテル

マスカレード・ホテル

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

映画の予告を見て読みたくなりました。久しぶりの東野圭吾作品。冒頭から引き込む展開とテンポは流石ですね。エンタメ作品として、よく出来てます!

1日前

Db0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b1Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcbB6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27d 223
のぼうの城 上

のぼうの城 上

C904beea 65eb 4802 b147 efa6a6fa1cf1

Kazuhiro.H

野球、歴史小説、自己啓発本が好き…

途中まであんまりわからんかったけど、長親が戦うと宣言した後からおもしろくなった。下巻も読むぞ。

1日前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 12
野火

野火

Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93e

giorgio7

読書を楽しめるようになってきたの…

100頁くらいまで読みづらくて億劫でしたが、少しずつ慣れて、もう一度時間あるときに読み直したいなと思うようになりました。 戦争中のフィリピンの話。 隊からも見放され、肺も患い、それでも人を求めて野火の下へ歩こうとする。 いくつかの犯罪シーンに【ドキッ】とさせられました。 読み終わって感じたことは食べ残しはしないようにしよう。ということでした。 後半の空腹シーンが心に刺さりました。 食い物にこそ手を合わせましょ。。的な気分。

1日前

A56acdc5 1864 47cd 9023 eaf4a47fa302Icon user placeholder37cfbb8a 5f84 433b ac05 d34858202f78 19