61oc0rfhgzl

大たつまきに家ごと運ばれたドロシーは、見知らぬ土地にたどりつき、脳みそのないかかし、心をなくしたブリキのきこり、臆病なライオンと出会う。故郷カンザスに帰り... 続き

コメント

いったい自分は何を持たないのか、何を失ったのか、そしてそれを手に入れるたり取り戻したりする努力をしたのか?

今回あらためてこの古典的な児童文学を読み返して、大人になるにつれ失ったものに想いを馳せることになりました。

古典の古典たる所以は、その物語性の面白さだけでなく、その魅力が古びていかない不変性にある気がします。そして、その裏側にある人間に対する愛情やユーモラスでありながら、哲学的な問題も含んでいるテーマにも普遍性があるのではないでしょうか。

その他のコメント

子供時代にテレビで見た覚えが有って、家が竜巻で飛ばされたとか、魔女が家の下敷きになった場面は覚えてましたが、どういう話なのかは分かってませんでした。 大人になってから、改めて書籍で読んで「そういう話だったのか!」と実感。 オズが与えたものは一種の『プラシーボ効果』みたいなものがあるなと私的な感想。 『プラシーボ効果』本人たちが幸せになれるのなら、良い意味で 騙されてみるのも有りだと思う。 ドロシーは本当に良い子ですね。 是非ともミュージカルも観賞してみたくなりました。

童話っていうのは、大人になっても楽しめるのが素晴らしい。読む瞬間によって、光って見える部分が変わるのも経験によるものなのかな。
これからは年に数冊は童話も読んでいきたい。
個人的に好きなキャラクタはかかし。

2015/12/02 読了

読者

439bcb89 305d 4229 8bd4 7c8a9644bbc1Icon user placeholderIcon user placeholderE034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f726064907546 d086 49bf 8c9e c53054715db53b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Eb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d3 11人

文庫

夢を与える

夢を与える

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

何小説というべきだろう。恋愛小説だろうか。 幼い頃から芸能界に浸ってきた主人公が栄光を掴み、そして墜落する物語。高く飛べば飛ぶほど、落ちた時のダメージは大きい。 印象的なのは、主人公が大ブレイクする前の方が総じて幸せそうだった所。旬のうちに多く稼がせようと仕事に忙殺され、季節の移ろいもあやふやに感じてしまうような生活は、辛い。しんどい。作中で描写されなかったお金が、見合った代価になっていればいいのだが。 スポットライトを浴び続けるということは、幸福なのか不幸なのか。読者の大半は舞台を眺める観客なのだから、その真実が分かることはないだろう。 墜落しても、生きている限り人生は続く。主人公が心から笑える日が来る事を願う。

約23時間前

Abea3e7c 05cb 4947 b979 a35c5b1db4f37f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 29
御家人斬九郎

御家人斬九郎

541011f6 afce 4e4a 862f e827e6784e27

りょ

ライトな時代小説好き

テレビ時代劇のほうを先に見ていたけれど、原作も面白い!一冊だけではなく、続いてくれったよかったな。

2日前

2c1cc144 ce5f 43b2 be5f 79dac0a65d2dDddb8b95 2af3 4126 adec ad5c37cb808c