Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61oc0rfhgzl

大たつまきに家ごと運ばれたドロシーは、見知らぬ土地にたどりつき、脳みそのないかかし、心をなくしたブリキのきこり、臆病なライオンと出会う。故郷カンザスに帰り... 続き

コメント

子供時代にテレビで見た覚えが有って、家が竜巻で飛ばされたとか、魔女が家の下敷きになった場面は覚えてましたが、どういう話なのかは分かってませんでした。 大人になってから、改めて書籍で読んで「そういう話だったのか!」と実感。 オズが与えたものは一種の『プラシーボ効果』みたいなものがあるなと私的な感想。 『プラシーボ効果』本人たちが幸せになれるのなら、良い意味で 騙されてみるのも有りだと思う。 ドロシーは本当に良い子ですね。 是非ともミュージカルも観賞してみたくなりました。

その他のコメント

いったい自分は何を持たないのか、何を失ったのか、そしてそれを手に入れるたり取り戻したりする努力をしたのか?

今回あらためてこの古典的な児童文学を読み返して、大人になるにつれ失ったものに想いを馳せることになりました。

古典の古典たる所以は、その物語性の面白さだけでなく、その魅力が古びていかない不変性にある気がします。そして、その裏側にある人間に対する愛情やユーモラスでありながら、哲学的な問題も含んでいるテーマにも普遍性があるのではないでしょうか。

童話っていうのは、大人になっても楽しめるのが素晴らしい。読む瞬間によって、光って見える部分が変わるのも経験によるものなのかな。
これからは年に数冊は童話も読んでいきたい。
個人的に好きなキャラクタはかかし。

2015/12/02 読了

読者

64907546 d086 49bf 8c9e c53054715db53b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Eb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d32e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a85b7b8dec eaa7 41a2 a4f6 6357fa4eb0e4D1453d3c a9db 40ea b3af 49e24563b8ea 7人

文庫

51rs7ern%2bol

クランⅠ - 警視庁捜査一課・晴山旭の密命 沢村鐵

13221468 0bd1 463a 8b9d de9ef5877c44

りんりん

有川浩、誉田哲也、大沢在昌、矢月…

警察内部の闇の話。 明らかな他殺体を自殺と断定する検視官を内偵する密命を受けた主人公、真実は如何に・・・ 闇が深すぎる。実際の所もこういう感じなんだろうと予想される。これは政治家にも言えるかなー 兎にも角にも検視官・綾織美音が誉田哲也作品の姫川玲子と被ってしまう(笑)

約12時間前

62c5cbe6 cca6 4f18 9eb3 b509bb526c299323c04a 10c3 4f2b bd4d 21fb117fdb40056f2447 b2c2 4776 82ba 336ae8b71d6d
51nzc2r stl

十八の夏 光原百合

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に5冊、年間60冊読破が今年の…

2017/9/21読了 長年の積読本を旅先で崩す贅沢。 花をモチーフにした四つの中短編集。 ミステリー好きなら、展開は予想通りすぎて物足りないのだけど、文章が柔らかくて優しいので物語としては良い感じ。出たばかりの頃に読めば、もっと楽しめたのかも知れない。

約16時間前

76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d0e269e4b 9611 47e2 8dde 8ec5d54045e143734ade 44d9 485d bbcd 119d1d098f7a