Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61oc0rfhgzl

大たつまきに家ごと運ばれたドロシーは、見知らぬ土地にたどりつき、脳みそのないかかし、心をなくしたブリキのきこり、臆病なライオンと出会う。故郷カンザスに帰り... 続き

コメント

子供時代にテレビで見た覚えが有って、家が竜巻で飛ばされたとか、魔女が家の下敷きになった場面は覚えてましたが、どういう話なのかは分かってませんでした。 大人になってから、改めて書籍で読んで「そういう話だったのか!」と実感。 オズが与えたものは一種の『プラシーボ効果』みたいなものがあるなと私的な感想。 『プラシーボ効果』本人たちが幸せになれるのなら、良い意味で 騙されてみるのも有りだと思う。 ドロシーは本当に良い子ですね。 是非ともミュージカルも観賞してみたくなりました。

その他のコメント

いったい自分は何を持たないのか、何を失ったのか、そしてそれを手に入れるたり取り戻したりする努力をしたのか?

今回あらためてこの古典的な児童文学を読み返して、大人になるにつれ失ったものに想いを馳せることになりました。

古典の古典たる所以は、その物語性の面白さだけでなく、その魅力が古びていかない不変性にある気がします。そして、その裏側にある人間に対する愛情やユーモラスでありながら、哲学的な問題も含んでいるテーマにも普遍性があるのではないでしょうか。

童話っていうのは、大人になっても楽しめるのが素晴らしい。読む瞬間によって、光って見える部分が変わるのも経験によるものなのかな。
これからは年に数冊は童話も読んでいきたい。
個人的に好きなキャラクタはかかし。

2015/12/02 読了

読者

64907546 d086 49bf 8c9e c53054715db53b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Eb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d32e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a85b7b8dec eaa7 41a2 a4f6 6357fa4eb0e4D1453d3c a9db 40ea b3af 49e24563b8ea 7人

文庫

おぱらばん

おぱらばん

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

エッセイと小説の違いってなんだろうか。そんなことを考えさせられた。これはエッセイなのか小説なのか。 小説や映画、いわゆるフィクションが生活に染み出してくる様が見事で、自分もこんな風に生活できたら世界が変わって見えるんだろうなと思った。

約19時間前

8b9d44bc 8bff 43c4 9843 f48fa469589d5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340fF37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9
この女

この女

9d9656f0 35db 4841 a5c3 4ae5e0c2f7f2

ramwne

風呂場とベッドで本読むのが好き…

大阪のドヤ街、釜ヶ崎に住み、肉体労働で生計を立てる礼司は、労働仲間である大学生の大輔に小説の代筆を頼まれる。大輔の師事する大学教授に代筆であることを見抜かれたが、執筆の力を評価され、礼司はある女を題材にした小説を執筆する依頼を受けることになる。 礼司は執筆に取り掛かるため、資産家の妻だというその女と接触するが、彼女は自分のことを語らないどころか、嘯き、礼司を撹乱する。 友人の力を借り、いくつもの壁を乗り越え礼司は小説の完成に猛進する。 小説の本来の目的とは。 そして、この女の正体とは。 袋小路に行き当たっても、なんとか道を探し出し、進み続けるような力強さに、元気をもらいました。 ★★★☆☆

約23時間前

Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001Fbb8762c ea8f 49e1 9593 145914dee122
緋色の研究

緋色の研究

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/社会福祉士/介護福…

装丁がきれいで、手に持つとなんだか自慢したくなるような本。職場の同僚や友人がシャーロックホームズは面白いと話してくれていたが、なかなか読めていなかった。 読んでみると、想像していた推理小説とは違い少し驚いた。突飛なトリックを暴いていくようなものではなく、現場に残った痕跡や物などから状況を読み解き、自分の知識と絡め問題を解決して行く。なんとなく、メンタリストみたいだなと感じた。 同僚や友人は同い年だが、もっと昔にこの本を読み、いろんな事を感じていたのか。そう考えると不思議な気持ちにもなり、ちょっぴり羨ましい。

2日前

56d80cf1 222e 4731 bc3a 2d505daaf1d2Db0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b10bfefd4c f72b 45ae a31a bf5285fea0a7 13
ラピスラズリ

ラピスラズリ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

自分の本棚の前で立ち読みしてしま…

雰囲気は、嫌いじゃないけれど。よく分からないというのが本当。でも、よく分からないというのも正解じゃないのかなぁ。なんて思う。読んでいたら霧の中にいるようで眠くなる。

2日前

Icon user placeholder8b9d44bc 8bff 43c4 9843 f48fa469589d38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 13