61oc0rfhgzl

大たつまきに家ごと運ばれたドロシーは、見知らぬ土地にたどりつき、脳みそのないかかし、心をなくしたブリキのきこり、臆病なライオンと出会う。故郷カンザスに帰り... 続き

コメント

オズに会いに行くためにエメラルドを目指すドロシーと仲間たち。

脳みそが欲しいと嘆くカカシ。
心臓(ハート)が欲しいと悲しむブリキのきこり。
本物の勇気が欲しいと望むライオン。

自分に欠けているものを手に入れるために旅する一行。
はたして、みんなに本当に欠けていたものは何だろう。
脳みそ、心臓、勇気。
そうじゃなかった、
と分かったのは、私が大人になってからの話。

その他のコメント

いったい自分は何を持たないのか、何を失ったのか、そしてそれを手に入れるたり取り戻したりする努力をしたのか?

今回あらためてこの古典的な児童文学を読み返して、大人になるにつれ失ったものに想いを馳せることになりました。

古典の古典たる所以は、その物語性の面白さだけでなく、その魅力が古びていかない不変性にある気がします。そして、その裏側にある人間に対する愛情やユーモラスでありながら、哲学的な問題も含んでいるテーマにも普遍性があるのではないでしょうか。

子供時代にテレビで見た覚えが有って、家が竜巻で飛ばされたとか、魔女が家の下敷きになった場面は覚えてましたが、どういう話なのかは分かってませんでした。 大人になってから、改めて書籍で読んで「そういう話だったのか!」と実感。 オズが与えたものは一種の『プラシーボ効果』みたいなものがあるなと私的な感想。 『プラシーボ効果』本人たちが幸せになれるのなら、良い意味で 騙されてみるのも有りだと思う。 ドロシーは本当に良い子ですね。 是非ともミュージカルも観賞してみたくなりました。

読者

439bcb89 305d 4229 8bd4 7c8a9644bbc1Icon user placeholderIcon user placeholderE034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f726064907546 d086 49bf 8c9e c53054715db53b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Eb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d3 11人

文庫

現実入門―ほんとにみんなこんなことを?

現実入門―ほんとにみんなこんなことを?

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

なにかのインタビューで『「僕の人生を四文字で表すと「びくびく」だと思う。でも、怖いものを、怖いから避けるんですけど、一方で惹かれもする。」』って言ってて、なんとなく自分に似ているような感じがして、ああ、似たような人っているんだな、って思ってすごく安心しながら読める。 けど、エッセイって共感を誘うものだし、なんだかんだ言って、臆病な割に、歌人と課長の二足のわらじを両立させていて、「あざとさ」を感じなくもない・・・笑 面白すぎて、三冊目のエッセイまで買ってしまった。

約15時間前

2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d086bc3af62 196b 49d7 adb7 0d95260a1f89 13
果つる底なき

果つる底なき

Icon user placeholder

徐々に明らかになっていく謎に気になって、割とすんなり読めた。作者が不祥事起こしたら、完全犯罪出来そう。

1日前

C5440a6a 2c87 4022 a073 d86759f6dcd71589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a368400bb6 0285 4159 a455 8ec533e6c88f 12