51wviqjuyvl

『オトラント城』はゴシック文学の先駆けであり、今日のホラー小説の原点。『崇高と美の起源』はゴシック美学をはじめて理論化した古典的エッセイ。奇跡、幻影、魔法... 続き

コメント

オトラントの城〈ゴシック叢書27〉/国書刊行会

読者

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd

文芸

ギケイキ: 千年の流転

ギケイキ: 千年の流転

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

くすっと笑ってしまうような台詞、おいおい!と、突っ込みたくなるような、展開。しかし、途中で断念してしまいました。違う町田さんの本を読んでから、再チャレンジします。

約10時間前

9caf742c 2836 4270 9538 d4a9b6538b1625e97c3b 9446 4a0c b95f a76c11981f9fC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c 31
星がひとつほしいとの祈り

星がひとつほしいとの祈り

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037

sa kana

電子よりも紙派です

楽園のカンヴァスやジヴェルニーの食卓のように、知的好奇心をくすぐる作品ではないが、母や妻、娘、キャリアウーマンなど様々な立場の女性たちを静かに表現した作品。 個人的には『長良川』がとても良かった。喪くした夫を愛し、愛された記憶が蘇る場面は、涙なしでは読むことが出来なかった。

約11時間前

9439133a 8bb8 4e2b af22 399e5cfd116a34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 42