51wviqjuyvl

『オトラント城』はゴシック文学の先駆けであり、今日のホラー小説の原点。『崇高と美の起源』はゴシック美学をはじめて理論化した古典的エッセイ。奇跡、幻影、魔法... 続き

コメント

オトラントの城〈ゴシック叢書27〉/国書刊行会

読者

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd

文芸

生物学探偵セオ・クレイ

生物学探偵セオ・クレイ

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

生物学者がその生物知識を駆使して犯人を追い詰める!って、イメージ通りかどうかは人によって分かれるところかな。でも、こんな展開なのかという良い驚きがあり、面白かったです!

35分前

救いの森

救いの森

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

児童保護救済法が成立して、非常の時は児童救命士が子供達を救う。という世界で、新人児童救命士が成長していく話。4件の事件の物語。 長谷川を指導する新堂の機転により事件は解決し、長谷川はこの仕事の奥深さを学ぶ事になる。 「なにかを選択できる大人になるまで生きる事」その言葉が、これらの問題の根深さを語っているだろう。 長谷川と一緒に涙した。

約5時間前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0
夏姫春秋(下)

夏姫春秋(下)

Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93e

giorgio7

読書を楽しめるようになってきたの…

上巻と合わせて一月半くらいかかったかもしれません。字も難しいし、調べても出てこない表現が多いです。ググりながら読むことに慣れても、それだけではたどり着けない言葉の奥深さ。 この本でさらに本を好きになりました。 戦乱時に生まれた美女の放浪記。鄭、陳、楚へ渡り歩き、夏姫に幸せは掴めるのか。 春秋戦国時代ブームの今こそ読んでみて〜!

約7時間前

医学生

医学生

5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d

にんざぶろう

学生

4人の医学生の生活と、卒後の人生を描いている。 四者四様で、学生であれば「わかるわ〜」と唸ってしまうような同じ価値観の登場人物が見つけられると思う。(修三だけは例外かな?) 個人的には和丸のパートに自分を投影することが多々あった。

1日前