51ek ehvz9l

コメント

青い空と奇妙な力。運が有るのか無いのか。過酷な事実には、切実な真実が隠されていて、読んでいて辛かった。不幸を自己責任として背おうにも程がある。。。
「オブリヴィオン」の意味が深すぎるー。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad40374f59a acb1 4f58 a18d 324a0d7c7dcd

遠田潤子の本

雪の鉄樹

雪の鉄樹

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

人を思う気持ちは、ある時、ある人にとっては罪になる。過去を遡り、現在の心情を読み解いていくのは一気読みだった。

1年前

3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eIcon user placeholder 15
冬雷

冬雷

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

因習に縛られた古い港町。名家に後継として引きとられた少年代助。義弟の失踪事件の犯人に疑われ、人生は狂っていく。 弟の遺体が発見されたという報せをうけ12年ぶりに町に帰った代助は、真相を求め過去と対峙する。 閉塞感のある町って本当に、怖い。辛い悲しい事も代助が誠実に生きようと頑張る人なので、前向きに読み進められました。真琴との恋愛もロミオとジュリエットのようです。

1年前

0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce4Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be
雪の鉄樹

雪の鉄樹

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

とても深い。切ない。人の暖かさや苦しみ、愛することの難しさ、気持ちを伝える難しさ。良い作品でした。最後は泣けます。

約2年前

2bbeadac de20 4cfd 9cea 365fcad65e43A46142dc caea 4959 a9f4 4fe1a878a9fb1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4