510jc7z0wxl

「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の... 続き

コメント

半沢直樹のような資質や度胸があればなぁとつくづく思う。
彼の行動力や信念は、ビジネスマンなら誰もが羨むスキルじゃないかな。

面白かったが、いち次長が頭取の前でここまでやるかぁ?って思えたが、フィクションということで納得した。

ドラマ同様、スカッとする展開にあっという間に読了しました

これだけストレス発散出来た小説は初めてかも。

悪人っぷり炸裂。

上司の責任転嫁、粉飾、根回し等、銀行の黒い部分を暴いていく半沢が痛快。銀行に限らず企業において黒い部分ってのは少なからずあるよねって思った…

銀行に限らず何処の会社も派閥や同族会社の理不尽さを持っているが、銀行の一度レールを外れたらアウトはちょっといただけない。

半沢直樹シリーズは安定のおもしろさ。

前作に引き続き、再読。
手に汗握る展開に、スカッとする半沢の決め言葉。

★5 読者にも手の内を見せないことで前作より面白さが増している。問題のある融資先が金融庁検査の焦点となり、損失をめぐる駆け引きがエリートたちを翻弄する。また、一度鬱で休職し、出世コースから外れた半沢の同期も、もうひとりの主人公として見所だ。

大人の本音と建前がややステレオタイプに面白おかしく描かれており、前作より毒気は薄まったが、やはり子供に読ませるのは「?」続きが気になる終わり方をしているため続編もいずれ読む予定。

半沢シリーズ第二弾。これはテレビの方が臨場感あったなぁ?でも、おもしろくて一気読み…

ドラマ半沢直樹の原作
大阪市内が舞台。
しかも、私の地元だから親近感があって臨場感ありまくり。
ドラマのままの内容だけど、文章で読むのもまた面白い。

読者

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bIcon user placeholder3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e2A59da6bc ce6e 47bc a9ba 16e69c5d9b4a1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a39b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Icon user placeholderEffb4c23 fb3f 47c8 9686 b73b6f1adf97 38人

池井戸潤の本

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

これは、次のヤタガラス編も同時に出して欲しかったですね。すぐ、続きが読みたい! ガチガチの特許裁判は神谷弁護士を迎えて、昔を思い出す展開でした。佃製作所が手を貸したのはギアゴーストという会社。 ヤタガラスというのは、準天頂衛星の名前です。 これがどう佃製作所とギアゴーストとダイダロスと絡むのか。それは、佃航平、財前道生、伊丹の人間が関わるということです。個人的には、殿村経理部長も関わって欲しいと願ってます。 機械技術の話や裁判内容は難解ではありますが、イッキ読み必須です。

約2か月前

E70ad272 544f 4613 a86d a2e1d53ea09b65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc60a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce4 15
なるへそ

なるへそ

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

ちょっとした待ち時間に読み切ってしまった。 さすがkindle single。 確かに電子でちょっと読むには丁度いい。 話としては、、、 落語じゃん。笑 ご主人の謎解きから、最後のオチが良かったです。

4か月前

オレたち花のバブル組

オレたち花のバブル組

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f

Hajime Ishida

楽しく記憶に残す読書 【記憶に…

何年か前のドラマ「半沢直樹シリーズ」を思い出しつつ読んだ。 一度は精神的に病んでしまったこともある、半沢の同期の近藤が、意外にも活躍していて驚くとともに頼もしかった。 半沢直樹の相変わらずの不屈の闘魂には脱帽。 ドラマで内容を予め知っていても楽しめました。

6か月前