510jc7z0wxl

「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の... 続き

コメント

これだけストレス発散出来た小説は初めてかも。

その他のコメント

半沢直樹のような資質や度胸があればなぁとつくづく思う。
彼の行動力や信念は、ビジネスマンなら誰もが羨むスキルじゃないかな。

面白かったが、いち次長が頭取の前でここまでやるかぁ?って思えたが、フィクションということで納得した。

読者

1b7f9dde 4b5d 4d09 9c50 a8ade4a2000d2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561Icon user placeholderIcon user placeholder92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b14Cdadd83a 1b3f 45ee a6ce 38d868355a70Icon user placeholder 45人

池井戸潤の本

下町ロケット ガウディ計画

下町ロケット ガウディ計画

D6cfad9f 7539 4187 b064 2449c9588bba

たけちよ

23歳。銀行員。

池井戸潤さんの作品はだいたいパターンが決まっていて展開が読める。読める、にもかかわらず面白い、読めるのに先が気になって加速度的にページをめくるスピードが上がる。不思議。

10か月前

Icon user placeholderDa06e4bf 15b1 4197 862f e10963f3ab6492d06a10 2147 4a77 84f2 81176c2f089a 14
下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

いつも通りの展開。分かっていながら、理不尽な横ヤリにイライラしてしまいます。笑 無人農業用ロボットのエンジンとトランスミッションの開発を中心とした話の副題が「ヤタガラス」なんです! ニクいですねぇ。 根っこはロケットに繋がるのです。 そして下町の心意気が、泣かせます。

11か月前

F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e13683E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd4d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431 21