51diz8x1m0l

コメント

ナイジェリア出身の作家による、ニューヨークの散歩小説。マンハッタンに暮らす精神科医が、ひたすら街を歩き回る。アフリカから来て異国で暮らす人たち、移民がひとつのテーマになっている。都市の風景が二重写しのように観察されて、印象が積み重なっていく。

その他のコメント

『音楽が、僕の孤独に占領されていない空間を埋める。』

『アメリカの黒人は他のアメリカ人と似てるし、他の人間と変わらないよ。』

クレスト・ブックスシリーズだからこそ知ったナイジェリア系作家。
ラゴスという地名にずっと前に読んだ旅日記を思い出し、コロンバスサークルに初めてNYに行った時のことを思い出す。

見知らぬアフリカの食事、聞き慣れない名前、パレスチナ、ユダヤ人、宗教、9.11。
ブリュッセルに来たモロッコ人の語り

どこかでキャノンボールが出てきてYouTubeで聞きながら読んだ。

裏表紙に先日読んだアンソニー・ドーアが書評を書いていたのも、この本を手に取るきっかけになった一つ

ナイジェリア出身の作家の作品。アフリカ出身の作家の作品はあまり読んだことが無く、ゼーバルトの再来という評価も興味深かったので試しに手にとってみた。主要な舞台はアフリカではなくマンハッタン。知らずに手に取ったらエッセイか日記と思ったかも知れない。ある程度作家自身のバックグラウンドを反映したと思われる主人公はナイジェリア出身だがアメリカの大学を出てニューヨークで精神科医をしている。彼が特にあてもなく散歩しながら出会う人達との会話や頭に浮かぶ追想が綴られた形を取っている。ドイツ人との混血児として育ったナイジェリアのことや祖母を捜してさまよったベルギーのこと、そしてニューヨークでの出合いや自らの過去を責める声など。とりとめのない感じになりがちな形式ながら破綻もなくまとまっているのはさすが。

読者

0c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedae79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7B34cac5a 01ca 4493 95e7 bee2a969a01e08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76C8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213Cbda62d9 aa40 4b70 8a5b 5026775b2156 29人

文芸

訣別(上)

訣別(上)

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

作品が邦訳されたら必ず読む作家の一人。いくつかのシリーズを出しているがこれはアマゾンプライムビデオでもおなじみの刑事ハリー・ボッシュのシリーズの邦訳最新。ベトナム帰りの刑事ボッシュはとっくに定年を迎えておりロス市警に嘱託のような形で再雇用されていたのだが逸脱行為を咎められてロス市警から解雇されている。そのため市警時代の知り合いが本部長を務めるロサンゼルス近郊の小さい町で無給の嘱託刑事として働く一方で私立探偵としても活動している、という設定。本作では刑事として連続レイプ事件を捜査しつつ私立探偵としては後継ぎのない大富豪から依頼された「若いときに付き合っていて身分の差から無理に別れさせられた恋人との間にできた血縁者がいないか探してほしい」という依頼に対処する。手練の作者なので破綻なく両方の捜査が進んでいくのだが...個人的には捜査があまりにもスピーディなのが気になった。掴んだ手がかりは確実に次に繋がるし割とすぐに真相に到達してしまう。このシリーズは一時期かなりおかしな状態になっていたのであの時期に比べたら、と思わないでもないがちょっと展開がイージーじゃないですか、と思ったりした。もちろん実力者の作品で面白いし上質なミステリを求めている方にはお薦めできるのだけど実力者だけにもうちょっと捻りがあっても、と高望みをしてしまいました。

約9時間前

緋色の研究

緋色の研究

7e6837c6 05cb 42f5 a06d 09e119c8c01c

いほり

たまに読む程度の人

BBCのSHERLOCKから。 ドラマではピンク色の研究だったけど、本家は緋色の研究なのね。こういうスタンスで挑むと、シャーロキアンの人に怒られそうだけど、ドラマで予習してたから、不思議と読みやすかった。 さすが不朽の名作だけあって、読み始めると面白い。けど、読もう!ってなるまでが腰が重いので、思い立ったら即日イッキ読みがオススメ。 トリックが面白いっていうより、犯人の動機の方が時代を感じさせて時代小説みたいで面白かった。 これはコナン・ドイルの時代背景も一緒に楽しむべきか?と思って調べたけど、シャーロックホームズシリーズはコナン・ドイルが小遣い稼ぎに書いてた同人誌だったって事を知って爆笑。 こういう、作品以外にも楽しめる要素があるからシャーロックホームズは不朽の名作なのかも。ドラマも本家も面白くて流石です。

約17時間前

363c0c18 9999 40b6 b4ba 29f8bf500bf978a45888 7582 4a41 bb42 b6ae08bbaf5aB46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea6135
エムズワース卿の受難録

エムズワース卿の受難録

Ed5a3e4d 8ad4 4e51 8175 6a945d76e24a

たこやきマン

移動中の読書は大事な時間

書店でポップまでついて売り出されていたので購入。短編集。主人公がとっつきにくいキャラに感じて読み始めは面白くなかったが読み進めると電車で噴き出してしまうようなシーンもあったりしてどんどん読んでしまった。

約17時間前