51diz8x1m0l

コメント

ナイジェリア出身の作家による、ニューヨークの散歩小説。マンハッタンに暮らす精神科医が、ひたすら街を歩き回る。アフリカから来て異国で暮らす人たち、移民がひとつのテーマになっている。都市の風景が二重写しのように観察されて、印象が積み重なっていく。

その他のコメント

『音楽が、僕の孤独に占領されていない空間を埋める。』

『アメリカの黒人は他のアメリカ人と似てるし、他の人間と変わらないよ。』

クレスト・ブックスシリーズだからこそ知ったナイジェリア系作家。
ラゴスという地名にずっと前に読んだ旅日記を思い出し、コロンバスサークルに初めてNYに行った時のことを思い出す。

見知らぬアフリカの食事、聞き慣れない名前、パレスチナ、ユダヤ人、宗教、9.11。
ブリュッセルに来たモロッコ人の語り

どこかでキャノンボールが出てきてYouTubeで聞きながら読んだ。

裏表紙に先日読んだアンソニー・ドーアが書評を書いていたのも、この本を手に取るきっかけになった一つ

ナイジェリア出身の作家の作品。アフリカ出身の作家の作品はあまり読んだことが無く、ゼーバルトの再来という評価も興味深かったので試しに手にとってみた。主要な舞台はアフリカではなくマンハッタン。知らずに手に取ったらエッセイか日記と思ったかも知れない。ある程度作家自身のバックグラウンドを反映したと思われる主人公はナイジェリア出身だがアメリカの大学を出てニューヨークで精神科医をしている。彼が特にあてもなく散歩しながら出会う人達との会話や頭に浮かぶ追想が綴られた形を取っている。ドイツ人との混血児として育ったナイジェリアのことや祖母を捜してさまよったベルギーのこと、そしてニューヨークでの出合いや自らの過去を責める声など。とりとめのない感じになりがちな形式ながら破綻もなくまとまっているのはさすが。

読者

0c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedae79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76C8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213Cbda62d9 aa40 4b70 8a5b 5026775b2156 29人

文芸

神を喰らう者たち

神を喰らう者たち

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

「悪の華」完結編 マフィオソ(マフィア)が蔓延るシチリア 人殺しや事件が起こってもマフィオソ絡みだと動かない警察や政府 カポ(首領)であるマイケルに仇を打とうと集まった人達が復讐しようと奮闘 毎度の黒新堂 脳漿だのなんだのとよく作品に出てくる言葉を用いて壮絶さを表現している 黒新堂イコール脳漿っていうイメージが自分の中に定着しちゃってるほどだ

約7時間前

十角館の殺人 限定愛蔵版

十角館の殺人 限定愛蔵版

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会入会を機に、読書魂再燃…

ようやく読めました 時代ではなく、手に取った時が最高の読みどきと信じているので、今まで未読だった意味を理解しました 初版当時、私はクリスティに夢中で他が目に入らなかった あれから何十年 導かれるようにそして誰もいなくなったを再読する機会に恵まれ、そしてこの本に辿り着く 先に古典達を読んでてよかった! 新本格という話もようやく分かりました 今は更に次世代になりつつあるようですが 綾辻行人様お見事です。

約8時間前

宇宙消失

宇宙消失

23fd78e0 b8bb 4ebc a16a c55ed6615c08

TUMUTUMU5555

新刊も古書も好き

ゴリゴリのSF。波動関数の収縮がどうとか。結構引き込まれた。

1日前