51vwrlrzxjl

現代ミステリの最高峰が贈る、すべてのミステリファンへの最高のプレゼント! 1955年7月、パイ屋敷の家政婦の葬儀がしめやかにおこなわれた。鍵のかかった屋敷... 続き

コメント

カタカナ名前が覚えずらくて、巻頭を何度も参照。
やっと覚えた感じのいいところで下巻へ。
うまいタイミングだね。

読者

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e772c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a64ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d29218405869e97 438c 425a a124 54c865af4a1f33bb7319 9338 4c9b 84f5 76b4fbc0110c08046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276f 11人

アンソニー・ホロヴィッツの本

モリアーティ

モリアーティ

D2753c7a 86bb 4be1 817f dc13905388de

sakupan♪

綺麗なもの、可愛いものたちを偏愛…

手に汗握るスピーディーな展開! 騙し騙され、誰が誰の仲間なのか?あの人の正体は?など、ページをめくる手が止まらず一気に読めました。

3日前