51vwrlrzxjl

現代ミステリの最高峰が贈る、すべてのミステリファンへの最高のプレゼント! 1955年7月、パイ屋敷の家政婦の葬儀がしめやかにおこなわれた。鍵のかかった屋敷... 続き

コメント

本屋で目に付いたのでそのまま購入
登場人物が原稿を読んで、その原稿を実際に読み進めていくというものは初めての部類でした。

登場人物の名前はみんなカタカナで、なかなか覚えられず何十回も冒頭の登場人物見に行きました。そして、名前を覚えて、みんなの動向を理解して、ストーリーもかなり終盤、推理が始まる!!!!!

という所で前半は終わり

急に終わりました。そして、あ、そういえばこれはあくまで原稿を一緒に読み進めていただけだと思い出しました。

カタカナ名前が覚えずらくて、巻頭を何度も参照。
やっと覚えた感じのいいところで下巻へ。
うまいタイミングだね。

たくさんの村人が出て来るのですが、割と名前や職業や人柄に特徴があり、すんなりと入ってきました。と言いますか、個人的には、第1部最後で期待一気に膨らみ、集中力が研ぎ澄まされた訳なのですが、果たしてどこに向かうのか。上巻は町に馴染んできた辺りで終わりました。

読者

0f2bbbed e24f 4d08 bfce 2339b22f411562f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b4575F38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b8635697b3fb c27b 438f 94f8 f4062e211ad2Icon user placeholder1e40486d 2379 4b68 a373 8adceb66d6cdC930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d903027b8e 15b3 4f72 a75e 1663ae403e01 36人

アンソニー・ホロヴィッツの本

モリアーティ

モリアーティ

D2753c7a 86bb 4be1 817f dc13905388de

sakupan♪

綺麗なもの、可愛いものたちを偏愛…

手に汗握るスピーディーな展開! 騙し騙され、誰が誰の仲間なのか?あの人の正体は?など、ページをめくる手が止まらず一気に読めました。

7か月前