9784003262351

日本におけるチェーホフを考えるとき、神西清(1903‐1957)を抜きにしては語れない。短篇の名手の逸品を翻訳の名手がてがけた9篇、これに訳者のチェーホフ... 続き

コメント

チェーホフの短編集。巻末の神西清の「チェーホフ序説」が良かった。ここで知った僕の大好きなチェーホフの言葉。
『君が「前へ」と叫ぶ時は、必ず方角を示したまえ。』

読者

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b132619ac709bd e255 41bd ab10 ccb3bb8973813541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d5079887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a79ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc65Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f 6人

Chekhov, Anton Pavlovichの本

子どもたち 曠野 : 他十篇

子どもたち 曠野 : 他十篇

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

チェーホフの創作上の転換点となった「曠野」が出た当時の作家ガルシンの言葉、「ロシア文学にはこういう言葉、生活、率直さの見られる傑作はこれまでなかった。」チェーホフの詩情あふれる美しさに魅入られたという。

3か月前