516sci3k%2b0l

みずみずしい極上の漢詩翻訳とエッセイの40+2篇 「わたしじしんの漢詩的日常を綴ってみたのが本書になります。いわゆる漢詩らしい主題はもとより住まいと暮ら... 続き

コメント

最初本の題を見たときは内容どんなものだろうと思いましたが、少し面白そうな感じがあったので。著者は海外に住む日本の俳人。古今東西の漢詩を今の日本語に訳したり、漢詩の内容や漢詩を詠んだ人について説明したり、著者の日常のことを書いたりしています。漢詩が題材で取っ付きにくいかなと思いましたが、漢詩の訳や説明、著者のエッセイも柔らかくて面白い。そして著者は漢詩が大好きなんだろうなということが文章からにじみ出している感じがする。しかし冷静に見るとユニークな本だと思います。ちくまプリマー新書的な感じ。漢詩とエッセイ、そして色々なことへのリスペクトが詰まっている本。

読者

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98699b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d6f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd73221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 5人

文学

ほかならぬ人へ

ほかならぬ人へ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「ほかならぬ人へ」他一編。 人それぞれに愛は違うのだと思うと、愛の定義など無いに等しい。近道なんて絶対なくて、道を迷わせるのは「愛」だ。面倒臭くて悲しい。

1日前