51h%2bqf7hrll

ど派手なペテン、仕掛けてやろうぜ!! 「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、最初の直木賞ノミネート作品 道尾秀介の大人気作品がつい... 続き

コメント

映画化もされている私の大好きな道尾秀介氏の作品。
タイトルも装丁もカッコイイ。
内容は、道尾氏お得意の「どんでん返し」系ミステリ。
本作も、読み進め易い文体とキレ味の良いトリックが冴える。
個人的には文庫版の最後の市川真人氏による解説にも注目してもらいたい。作中で明かされないアナグラムには只々脱帽しますよ。

ラストが想像出来ちゃって余計な感じ。伏線だけ残して締めた方が良かったのでは??

ラストの想像を超えた展開に、涙が止まりませんでした。そして、映画化された時、期待が大きすぎました…(汗)

みんな集められたってことなんですよね。
堂々とだまされるのもいいもんですね笑

読んでいて緊張しっぱなしだった。まるで自分が今危険な状況にあるのかと錯覚してしまうほど道尾秀介ワールドに引き込まれた。詐欺師ものの作品だが後味はすっきりしたようなさっぱりしたような。心地良い気持ちになれた。とりあえずおすすめ!

こういう逆転劇、好きです。

後半はどんでん返しの連続で爽快感動が凄いです。

道尾さんにハマるきっかけとなった一冊。
あの衝撃は今も忘れられない。

ポスターのくだりに尾をひいてもうただけに残念…

ヤミ金組織によって全てを奪われた武沢は、詐欺師となって生活していた。そんな武沢の元に4人の男女が集まった。今度は彼らがヤミ金組織を欺き、陥れるための作戦を決行する・・・という話。

「理想的な詐欺は〜相手が騙されたことに気づかない詐欺なんですよ。〜マジックでは、相手が騙されたことを自覚できなければ意味がないのですよ」

この物語は読者へのマジックが何重にも張り巡らされている。詐欺ではなく、完璧なマジックで、読んだ後にスッキリする。
どん底にいた登場人物たちへの救いも用意されており、話自体も面白かった!

そういうこと!?と、読んで驚いた。鮮やかなどんでん返し!!

読者

05e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc7128e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6aIcon user placeholderIcon user placeholderDa3e0583 e80f 4f1a 810b 8a88183ac2b6Dc7a65b6 97a3 4c2e 9d67 20198ce32f0dB6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27d1831d34b d79c 4d8f 923a e08ad80c3148 37人

道尾秀介の本

スケルトン・キー

スケルトン・キー

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

子供を産んでそのまま亡くなった母親 会いたかっただろうに、育てたかっただろうにと思うけど その後の子供の人生を知ったら どうだろう サイコパスの人の感情の無さはためらいなく殺人を犯せるのが怖い たとえ身内だろうとも平気で殺せる サイコパスは鉛が原因の一つだと言う説があるらしいことを知った

3か月前

8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e966b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a 10
透明カメレオン

透明カメレオン

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

新大阪駅で友達を待つ間に購入。読み進めても、自分の中で腑に落ちない気持ちがあったが、最後にはなるほどと思うことができた。その人が生きてきた人生がその人をつくって行く。当たり前のことだけど、その当たり前はなかなか見えてこない。 想像力が人を優しくさせるのかもしれない。 繋がりの大切さ、奥ゆかしさを感じさせてくれる物語。

9か月前

0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4bDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 16