21yk7bifmql

コメント

私の軀はどこまでが軀なのか?

この問いの答えは密接に身体觀とかかわっており、必然的に宇宙觀にもつながっていく。

この肌に覆われた物質だけを軀と視るのは、あまりにも洗脳されている。

本のはじめのほうに魚の身体觀がでているが、己を視れぬ位置についている魚にとって、もしかすると宇宙そのものが軀なのかもしれぬ。

極論、単体なる軀は存在しない。

それが故に、花を愛でれば、我が身もともにはかなしという感覚が全身をかけめぐり、やがてはそれが道徳となっていった。

一億総家畜化時代の我が國においては、やはり江戸の躾教育が見直されるべきである。

躾:身さえ美しければよしとする國字になる。

#リジチョー。

読者

558bda5d 65f3 4e16 9911 eb76a7998793

新刊

生物学探偵セオ・クレイ

生物学探偵セオ・クレイ

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

生物学者がその生物知識を駆使して犯人を追い詰める!って、イメージ通りかどうかは人によって分かれるところかな。でも、こんな展開なのかという良い驚きがあり、面白かったです!

約3時間前

新GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来

新GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

「日本人ゴールキーパーの日本化」をテーマに、現役選手、指導者のインタビューをまとめた作品。 人それぞれ、様々なアプローチでゴールキーパーの理想像を突き詰めようとしている事が伝わってきます。 日本ではまだまだゴールキーパーの人気は低く、うちのテームでもやりたい子は少ない状況ですが、親御さんたちにも理解を深めてもらい、微力ながら日本サッカー界に貢献していきたいなどと考えてしまいます。

約8時間前

漂砂の塔

漂砂の塔

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

北方領土の島を舞台に、日本、ロシア、中国の思惑がせめぎ合う。現在の利権と過去の事件が組み合わさった結末は、やはり大沢節で格好良くまとめます。 佐久間公や鮫島など、痺れるセリフを言わせるのが上手い大沢氏ですが、今回はヤンの最後のセリフが格好良すぎました。

約8時間前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e0891383b 0c85 4f1f a06d db9b51d42e31
幸福な水夫

幸福な水夫

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0116 2019/05/21読了 東北の家族の話。 東北弁が良い。 「幸福な水夫」 標準については無意識に私も思っていたことかも。標準はその土地によって違うはずなのにね。震災を経てから読むと重みが増す。持ち込んでしまったよなあ。 「突風」も家族の話。 物語だから、とは言えない世界。こんな世界が来ないようにしたい。 責任は今の人たちだけじゃないし、時代・土地の価値観だからだけではすまない。 戦争も震災もまだ終わってないこと。

1日前