41f6nlmfl6l

生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪... 続き

コメント

自分の殻に閉じこもっていても、何も発見はできないし、進歩しないんだと教えられた。
自分から動き、自分の意思を大切にし、自分の命を大切に生きる。
世界はカラフルな色で満ちているけれど、自分の色は世界で1つしかないとわかった。

読みやすい文体で表現もわかりやすい。
それでも、深い名言がたくさんあり、とても面白かった。

その他のコメント

色んな「私」があって、当たり前。嫌になるほど自分が信じられなくなる事実も含めて。物語に垣間見る優しいメッセージにじんとくる。必死にもがいていたものから救出された気分。

皆それぞれいろんな色を持っていて、この世もいろんな色に溢れている。それ故、自分が何色なのか分からなくて迷ってしまう。

一冊丸ごとを使って、一つのメッセージを丁寧に伝えてくれているようだった。

読者

3d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786d4266a9e9 81d3 419b 949e 371c8935ce58660b211e e3f1 4ac9 b2cc 87f8f888c2fbIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d064ca7e9ed 06f5 4a7e 91d3 eb1c5667a0d2 299人

森絵都の本

クラスメイツ

クラスメイツ

63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61

さぼてん

小説が好きです。

クラスメイト24人のうち後期の12人。 後期は、色々なことを乗り越えて少し大人になった生徒たちに会えた。 恋愛面がとても可愛らしい。 えっ、あの子はこの子が好きになったんだと、読んでいるこちら側もウキウキしてしまう。 後期の子達は、少し大人になって、自分が先生になったかのように寂しくなった。 文体は簡単で内容も面白いので、小説を読み慣れていない方にオススメしたい。

4か月前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deIcon user placeholder 8
クラスメイツ

クラスメイツ

63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61

さぼてん

小説が好きです。

中学生のクラスメイト24人の悩みや葛藤を、前期と後期、12人ずつで分けてある。 こんな奴いたなぁ、こういうことで悩んでたなぁと懐かしく思える部分がたくさんあった。 前期の12人は、新しくできた友達とどう接していけば良いかわからない、クラスで目立つためには、などの可愛らしい悩みが中心だった。でも、彼らはそれを必死に悩んでいた、それがまたいい。 とてもわかりやすく、話のつじつまが合っていくのが面白い。後期はどんな12人に会えるのか。

4か月前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d384e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1ccDbb10161 0a0e 4c2c 93ce 704b535fdbeb 10
みかづき

みかづき

57502aec 51d1 4445 930d 2d531c42e058

T2

ビジネス書、SF、愛娘と共に楽し…

☆3.5 買ってからしばらく積ん読してあったのですが、NHKでドラマ化されると聞いて慌てて読了。2019年初めて読んだ本になりました。 自分と同年代の作者が、「塾」を題材にどんな小説を書いたのか気になりましたが… んんんん,ちょっと物足りない。この方、複数のメインキャラを交錯させながらそれぞれの視点で書くのが得意技なのかなという気がしますけど、今回はもっと誰か一人の視点で掘り下げても良かったのかなあ。

5か月前

Icon user placeholderDd68cf61 1373 422d b23d ecb993c4a24cIcon user placeholder 28