Btn appstore Btn googleplay
41f6nlmfl6l

生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪... 続き

コメント

小学生か中学生のときに読んで、読んだあと少し大人になった感じがした。

その他のコメント

色んな「私」があって、当たり前。嫌になるほど自分が信じられなくなる事実も含めて。物語に垣間見る優しいメッセージにじんとくる。必死にもがいていたものから救出された気分。

皆それぞれいろんな色を持っていて、この世もいろんな色に溢れている。それ故、自分が何色なのか分からなくて迷ってしまう。

一冊丸ごとを使って、一つのメッセージを丁寧に伝えてくれているようだった。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder6851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a345a3cfb 0dc3 4591 91a5 dc5380e62d383a39c025 2771 4517 8d65 8407ea67d00fIcon user placeholderF217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d 386人

森絵都の本

カラフル

カラフル

E7426315 6440 49a3 ba01 01595b29e392

アラアラ

ミステリー好き

途中から、ぼくが誰か予想がついたけど、 一気読み!

3か月前

Icon user placeholder8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac19190ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b
出会いなおし

出会いなおし

76fef2e4 d7c1 41d1 ac40 1ed7fcd21f1a

imy

そして自分探し。

まさに私自身、大切な人と出会いなおしたタイミングでこの本を手に取った。 人は何度でも出会いなおす。それは現実世界でのことなのか、はたまた夢の中か…長い期間を経てなのか、もしかしたらたった数秒かもしれない。ただいつまでも、どこまでも、この縁は"つづく"という事。そう思うと、今ある人間関係も、これから出会うであろう人たちですら、愛おしく感じられた。 ふわっとした描写に始まり、徐々にその正体が明らかになっていく…というような表現が多かった。「あー!こっちかー!」と、時に驚きつつも、想像力を働かせながら読むのは楽しい。 "年を重ねるということは、同じ相手に、何回も出会いなおすということだ。会うたびに知らない顔を見せ、人は立体的になる。" 2020.4.4 読了

4か月前

84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7E6b5c7c6 100a 4b49 9591 e2ab4bcb8c1eDd54ab0d 859d 4c65 b46c b78be6232b9b 91