51tw7y5lwql

父親フョードル・カラマーゾフは、圧倒的に粗野で精力的、好色きわまりない男だ。ミーチャ、イワン、アリョーシャの3人兄弟が家に戻り、その父親とともに妖艶な美人... 続き

コメント

その他のコメント

いろいろと難しいことは横に置いておいて、この長編が純文学でありながら優れたサスペンスの側面を持ち、読む者をストーリーテリングで引き込みながら深い思惟へと誘う傑作であることは誰も否定できないだろう。必読の近代文学。

読者

Icon user placeholderCee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7021c92f0 5cbe 4251 9ed7 e6ea9a2028c0Icon user placeholderIcon user placeholder2c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1 15人

ドストエフスキーの本

罪と罰 上

罪と罰 上

190970fb f4c2 4c50 b5d2 92d2a029c0ec

knine

読まずに死ぬにはあまりにも勿体ない。 そう言わざるを得ない一冊。 古典文学中の古典文学なので、多くの方が一度は読んだ事があると思うが、 「イマイチ響かなかった」 という人もかなりの人数がいるのではないだろうか? もしかしたら、もしかしたらではあるが、それはあなたに合う翻訳では無かったのかもしれない! 「いや!とても面白かった!響いた!」というあなたには、名訳に出会えた事を心から祝いたい。 そして以下の私の駄文を「そっ閉じ」する事を推奨しよう! ===== 実は洋書は翻訳によって、ビックリするほど読み味が異なる。 基本的には新潮社のものが手に入りやすく、名訳も多かったと記憶しているが、 ドストエフスキー、トルストイについては、米川正夫訳を私はオススメしてみたい。 米川正夫は、戦時中を生き抜いた、日本におけるロシア文学受容史に欠かせない人物の一人である。 食道癌で74才で世を去るも、最後の入院中も原書を離さず、「罪と罰」創作ノートの翻訳を遺稿とするなど、その情熱には並々ならぬものがあったと言う。 その文体は無駄がなく高密度で、質実剛健。 罪と罰に関しては、複数の翻訳を読むも、米川正夫訳が最も私の心に響いた。 罪と罰を読んだことはあるが、イマイチ響かなかったという、あなた。 一度米川正夫訳を読んでみてはいかがだろうか? もしかしたら、響くものがあるかもしれない。 あなたに合う翻訳に巡り会えなかったばかりに読み逃すには、「罪と罰」はあまりにも勿体ない。

11か月前

20acc45c 503b 4de3 babf b2bfcb9049a5Icon user placeholder
カラマーゾフの兄弟

カラマーゾフの兄弟

5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321

pen

はじめてみました

本で読むのは難解と聞いていましたが、このマンガ版は読みやすくて、こんな話だったのかぁとドフトエフスキーに興味が湧きました。

約2年前

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

約2年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder 10