51x9kczqi l

横山大観は明治元年(1868)に生まれた日本画最大の巨人である。東京美術学校の第一期生として入学し、岡倉天心に師事した。大観はその後、明治日本が推し進めた... 続き

コメント

横山大観展、名古屋で見れないかなあ?

読者

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

古田亮の本

俵屋宗達 琳派の祖の真実

俵屋宗達 琳派の祖の真実

E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1

フライ

濃厚

「琳派」と括られがちですが、 琳派とのちに呼ばれる人達が、俵屋宗達の作品を、伝言ゲームのように真似することになっただけということを知りました。 書かれている通り琳派の祖であり、謎の多い人物です。 今でいうイッセイミヤケみたいなブランドでした。 俵屋宗達の工房もあり、弟子もいて、本人が描いたものがあれば弟子が描いたものもあります。 本阿弥光悦ともよくコラボしており、狩野派や円山派とは違うスタイルを確立しました。しかも、恐らく牧谿から影響を受けたのではないかとかんがえられます。 尾形光琳は宗達をトレースしてたものの、トリミングを大きくしたため動きがなくなりました。 そして、更に100年後光琳を模写したのは酒井抱一でした。 明治の琳派の再発見は西洋のジャポニズムの眼差しによるものでしたが、 たらし込みをプラスに生かしたカリスマの俵屋宗達がいて、 後に俵屋宗達を模写し、パターンが繰り返されたようなデザイン的な尾形光琳、 俵屋宗達を知らず光琳を模写した酒井抱一、 琳派は師弟がいるわけでも血縁がいるわけでもないのに、こうして形になっているんだなぁと知りました。

2年前