51huooq7lel

川崎での少年時代が「ヒガシ」をつくった。40代になって初めて明かす自身のルーツ、運命の出会いと別れ、ジャニーズでの生活、30年ぶりの故郷再訪で見た原風景-... 続き

コメント

ストイックでドラマチック。

その他のコメント

東山紀之の自伝的エッセイ。50前にしてこの服装が出来るはヒガシかイノキだけだ。姿勢に圧倒される。

読者

43b4f011 d982 4072 b657 bd054157bb9264464a11 0546 4e58 a4fe 8ab64aa424df

文庫

いちご同盟

いちご同盟

5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d

にんざぶろー

学生、基本文庫本

『四月は君の嘘』から。 繊細で傷つきやすい中学生の頃にこの本に出会っていたら、めちゃくちゃ影響を受けていたと思う。 下馬と直美の対照的な死生観、死が印象的だった。下馬はその豊富人生の選択肢を、あのような形で終わらせてしまった。 もし直美の価値観に少しでも触れていたのなら、全うできたのか。

約5時間前

Dd15e820 db42 44ad 9f27 88f6fce2f87cC6743f05 5a1b 479c 8c59 a350d452bdc837e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a4 48
苦役列車

苦役列車

Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93e

giorgio7

読書を楽しめるようになってきたの…

中卒で日雇いの仕事で生計を立てる北町貫多の物語。芥川賞作品。なかなか貧乏生活が赤裸々に描かれていて読んだり読みたくない時は遠ざけてしまったりもしました。 前進しない生活。未来への不安。 それらが圧倒的な力で描かれます。襲ってきます。 たまらないエネルギーでした。

約8時間前

Icon user placeholder1458ffc6 aedd 4d9d 9a34 33440b21a92b81cc5180 9be6 43d3 b4dd a8695a40bda4 22
きよしこ

きよしこ

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

吃音の少年が伝えたいことを伝えるために日々を一生懸命生きる話。言いたいけど言わないとか、あえて口に出さない想いとかもある中で、どうしても伝えたいことは何なのか、不格好でもそうしたい瞬間を見ていく中で、改めて人は過去の思い出が積み重なってできていくんだなぁということを感じる。

約10時間前

121a33fe 3aeb 4bfe 83bd 7481eb1fe2c9Icon user placeholder306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04d 65