5125p1068ml

時間が作り出し、いつか時間が流し去っていく淡い哀しみと虚しさ。都会の片隅のささやかなメルヘンを、知的センチメンタリズムと繊細なまなざしで拾い上げるハルキ・... 続き

コメント

春樹デビューした本

知識の詰まった脳みそチューチュー。

わたしも出来るものならしてみたい。

その他のコメント

春ににおいを感じた時に必ず読む本。
のんびり、なにもすることのない晴天の休日の朝にコーヒーとともに。

読者

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a9b58ee90 cd84 4331 b26a 0c71e7131521A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3Icon user placeholderEe3c7a8d 7b0b 48c8 822e 82612033fcae69a4e54c d97e 4756 96e4 5bbd095d863b214e5862 3263 4a86 b0a9 70053bd33b5bAc8450bb 96b6 475d 9a26 f8a500cd5ed6 37人

村上春樹の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

16日前

0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc6680e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a453 22