51wlw9jsd3l

――どんなに思ったって、願ったって、祈(いの)ったって、母はあたしを好きにはならない―― 『家族を描くならここまで書きなさい…と、いとうみくにガツンとし... 続き

コメント

切なくて優しい本
主人公の気持ちが良くわかった
てことは、私は愛されてない?←

読者

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778

新刊

鬼の蔵 よろず建物因縁帳

鬼の蔵 よろず建物因縁帳

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

建物にまつわる因縁を読み解き再生させる物語。 古き貧しき時代どの村にもあったであろう触れてはいけない悲しく辛い現実と向き合うこと、良い悪いではなく仕方がなかったのだと想いを馳せること、そういう物語でした。 なにより、春菜と仙龍の今後も気になります。

1日前

76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96dIcon user placeholder14c0edd3 6e44 4de9 819d d69533983593