41wdyiea1tl

のんきな兄・良夫と聡明な弟・亨がドライブ中に乗せた女優が翌日急死!パパラッチ、いじめ、恐喝など一家は更なる謎に巻き込まれ…!?車同士がおしゃべりする唯一無... 続き

コメント

ガルウィングドアの気分!
ワイパー動かしたくなっちゃう!
どんどん車の気持ちがわかる?ようになっていって、はまっていきます。
緑デミがんばれ!!って思ったり、車は知ってるのにぃと、もどかしくなったり。

主人公は緑のデミオ。
緑デミ視点で、持ち主話を聞いたり、他の車と会話したりする日常(事件は起こるけど)のお話。

緑デミが可愛い‼︎
車輪の数が知性に比例するという設定で、車たちは電車を尊敬し、自転車や2輪車とは会話が出来ない。
でも自転車とはいつか分かりあえると思って挨拶し続けるところが可愛い‼︎
車慣用句もまた秀逸‼︎
「開いたバンパーが塞がらない」とかとか。笑
ちょっとした会話が面白いのは流石。

色々都合良く進んじゃうので、初期の伊坂さんが好きな人には違和感あるかも。
ミステリと思わずに読むと、心がほっこりします。
車に乗る人には是非読んでもらいたい作品です‼︎

この本を読んだ後に、駐車場に並んでる車とか見たら、どんな会話してるのかなーとか想像して、ニマっとしてしまう。
少しだけ嫌な事があったり、毎日退屈だなって思った時に、そんな想像すると少しだけど、楽しくなるかもだよって教えてくれた本でした。

文庫本はカバー裏もお忘れなく!!

さすが伊坂幸太郎!登場人物が本当魅力的過ぎる。個性が強いのに望月家はバランスが取れてるように無理なく描かれている。こんな家族あるわけないのにありそう。そして車が主役で、心があって、車の視点の描き方が逸脱。出てくる車もみんな個性的だし。先へと読ませる技術はこのキャラの作り込みにあるよなあ。文庫版のカバー裏の小説も良かった。

車が話すなんて非現実的だ!が、その軽妙な会話や車同士の前提の常識を聴いていると、さも本当に車が会話しているかのように錯覚させられる。まさに車社会がここにはある。

実家の中古のクラウンが愛おしくなった!

痛快なまでの疾走感は伊坂さんを好きな理由なのですが…

エピローグで…
「ええとね…やぁ、ザッパ、久しぶり」で泣けてしまいました。

フランク・ザッパは聞いてみるだろうな〜
もっと働く車の声を聞きたかった
車輪の数と知性が比例するのがもどかしかった。
二輪の方がより乗り手との心を通わせるのに…というより一心同体になる時もあるというのに

望月家の人々と、彼らが巻き込まれる事件を自家用車の緑のデミオの視点から描く。
車の視点やそれに基づいた表現が面白く、伊坂さんも楽しみながら書いたのだろうと思う。
読み終えた後、車はただの交通手段ではなく、家族の一員かもしれないなと。
自分が最初に車を買った時の気持ちを思い出し、今の車も大切に乗ろうと思った。

緑のデミオが愛らしくて本当に素敵。車が活躍(暗躍?)する楽しいミステリー。
車に関するシャレが秀逸で、「自転車とは話が出来ない」、「貨物列車を尊敬している」などなど、ネタが沢山あるので、続きが気になって早く先を読みたい!となります。
ミステリーの内容はもちろんですが、車の日常を楽しんで欲しいです。

読み終わったあとにとても幸せな気持ちになれる本。
伊坂作品ならではの清々しい切なさと静かな幸福感がすごく気持ちいい。
自宅の車が愛おしくなる。

運転するのが楽しくなる、そんな本。

読了。とっても愛車が愛おしくなってくるミステリーです

車が人と寄り添って生活していること。車が持ち主にひいき目になっちゃうこと。
全てが愛おしかったです。

持ち主である望月家とその一家におきる事件の数々。車目線で解決していくのは斬新で面白かったですよ!

主人公が車で話が展開する物語。ファンタジーはあまり好みではないのですが、車が主人公であるにも関わらずすんなり物語が入ってきます。伊坂幸太郎だからこれほど違和感なく作れるのだと思います!伊坂幸太郎ファンには嬉しい他の作品がリンクします!会話のやり取り全てが魅力的です!

2018年49冊目。何を読んでも最後の一ページで叫びたくなるの、すごすぎる…。出来るだけ長く自分の車に乗れるように、大事にしようと思います。 / 20180318

友人から借りた伊坂が思いの外面白かったので、単行本が出たときに気になっていたこの本を買ってしまった。
車が主人公ですが、車好きな人も車に詳しくない人も楽しめます。伊坂ワールド全開。伏線を読み落とすことなく、先を想像しつつお楽しみください。

読者

D7d91b99 7cd9 4f9b 8d7e 184545b18de1297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa17262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d1d2b1157 d3a4 4b59 8bb1 673e5fec6833B0b21dcc eca0 4ecd 901b 6b1274a2d9aaB3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8e1150a2aa ed78 4c13 afc1 9dd85572e01f13b142e8 15a1 4fe0 aa8c ca2ef2d550b5 60人

伊坂幸太郎の本