41wdyiea1tl

のんきな兄・良夫と聡明な弟・亨がドライブ中に乗せた女優が翌日急死!パパラッチ、いじめ、恐喝など一家は更なる謎に巻き込まれ…!?車同士がおしゃべりする唯一無... 続き

コメント

伊坂幸太郎さんの本ほとんど読んでると思いますが、ここに来て今まで読んだ中で一番かもしれません!
もし、ミステリーっぽくなさそうって理由で読んでない人がいたらぜひ読んでほしいです。

その他のコメント

ガルウィングドアの気分!
ワイパー動かしたくなっちゃう!
どんどん車の気持ちがわかる?ようになっていって、はまっていきます。
緑デミがんばれ!!って思ったり、車は知ってるのにぃと、もどかしくなったり。

主人公は緑のデミオ。
緑デミ視点で、持ち主話を聞いたり、他の車と会話したりする日常(事件は起こるけど)のお話。

緑デミが可愛い‼︎
車輪の数が知性に比例するという設定で、車たちは電車を尊敬し、自転車や2輪車とは会話が出来ない。
でも自転車とはいつか分かりあえると思って挨拶し続けるところが可愛い‼︎
車慣用句もまた秀逸‼︎
「開いたバンパーが塞がらない」とかとか。笑
ちょっとした会話が面白いのは流石。

色々都合良く進んじゃうので、初期の伊坂さんが好きな人には違和感あるかも。
ミステリと思わずに読むと、心がほっこりします。
車に乗る人には是非読んでもらいたい作品です‼︎

読者

4850bc71 474d 43c0 a6d2 91bd9636a8ef7e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d9215546192f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b52716bcd9 35bf 4f69 ad1e 81b1e4f863745e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Efd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e0376b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc 77人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

3か月前

Icon user placeholderAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 151
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

5か月前

174a14ff e2d6 49d5 844e c84dc2ef03575fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2 22