41wdyiea1tl

のんきな兄・良夫と聡明な弟・亨がドライブ中に乗せた女優が翌日急死!パパラッチ、いじめ、恐喝など一家は更なる謎に巻き込まれ…!?車同士がおしゃべりする唯一無... 続き

コメント

望月家とその自家用車緑デミのお話。語り部のデミオとその友車ザッパの掛け合いや、隣り合った車同士の噂話を通じて謎解きが進んでいく。伊坂さんらしいウィットに富んだ発想から生まれる、車だからこその表現や展開が楽しい。

この本には、手に汗握るエンタメ感や、夢中でページを繰るようなドラマチックさはない。ないがしかし、ゆったりと聞かせる会話の妙が確かにある。たびたび、ふふっと笑いが出てくる。自分がこれまで関わった車や二輪車(○♯▲%!)のことを思い返し、彼らの会話や日常を空想してみる。あれはワイパー動いたよね、とか、開いたボンネットが塞がらないよ、とか。

カバー裏の番外編もちょっと得した気分で何だか嬉しい。読んでいて、とても穏やかな時間を味わえる、いい本だった。

その他のコメント

ガルウィングドアの気分!
ワイパー動かしたくなっちゃう!
どんどん車の気持ちがわかる?ようになっていって、はまっていきます。
緑デミがんばれ!!って思ったり、車は知ってるのにぃと、もどかしくなったり。

主人公は緑のデミオ。
緑デミ視点で、持ち主話を聞いたり、他の車と会話したりする日常(事件は起こるけど)のお話。

緑デミが可愛い‼︎
車輪の数が知性に比例するという設定で、車たちは電車を尊敬し、自転車や2輪車とは会話が出来ない。
でも自転車とはいつか分かりあえると思って挨拶し続けるところが可愛い‼︎
車慣用句もまた秀逸‼︎
「開いたバンパーが塞がらない」とかとか。笑
ちょっとした会話が面白いのは流石。

色々都合良く進んじゃうので、初期の伊坂さんが好きな人には違和感あるかも。
ミステリと思わずに読むと、心がほっこりします。
車に乗る人には是非読んでもらいたい作品です‼︎

読者

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd84850bc71 474d 43c0 a6d2 91bd9636a8ef7e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d9215546192f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b52716bcd9 35bf 4f69 ad1e 81b1e4f863745e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Efd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037 77人

伊坂幸太郎の本

砂漠

砂漠

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

キャンパスライフの醍醐味はこうゆうとこだと思う。勉強、バイト、旅もいいが、感性の違う友人と仲を深めることで、自我が芽生えて、本当にやりたいことを見つけられる。 本当にやりたいことをそれぞれが本気で取り組めれば、世界が変わる。 なんてことは、まるでない。

2か月前

A8e8874a 488a 4dc3 b8cc 892a116e533f32bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78af253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2d 29
サブマリン

サブマリン

62f74644 2d77 4649 b9b3 081373fb01e3

nana

社会人三年目

2019-5-19 読了 陣内さんすき!! チルドレンを読んだのはだいぶ前だから 読み直したいな、と思った 読んでないのあるのに、すぐ伊坂さんに手を出すよね〜

3か月前

29fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4fEb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e762644225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a 17