51nkxo%2bsd7l

39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっ... 続き

コメント

やっぱ映画を観るなら映画館だよなぁ、とレンタルで済まそうとしていたことに深く反省…。
『ニュー・シネマ・パラダイス』をまた観たくなりました。

映画好きにはたまらない。
“観るたびに思う。映画は旅なのだと。幕開けとともに一瞬にして観るものを別世界へ連れ出してしまう。名画とはそういうものではないか。そしてエンドロールは旅の終着駅”

違う視点で映画を観てみようという気持ちになる、そんな本でした!

素敵な「奇跡」の話。解説が大好きな片桐はいりさんでテンション上がりました。映画好きには勿論ですが、映画が好きでなくても楽しめる本だと思います。観たい映画がたくさん増えました。

笑いあり涙ありでお気に入り。映写技師をしていたという先輩にプレゼントしました。

素晴らしい。映画好きならたまらない話だろと思う。もちろん映画をほとんど観ない自分でも充分に入り込み目頭が熱くなった。

一本の映画を観終わった。
実家の近所にテア銀のような館長の趣味で成り立つ映画館があります。小さな映画館で、古い名画や特撮映画のオールナイト、聞いたことない名前の監督が作る聞いたことない俳優たちの新作映画が2週間ずつ上映される。時には初日舞台挨拶なんかもあって、連日たくさんの人が足を運んでいます。
映画って、大きい小さいに関わらず人々を旅に導く巨大な箱だと思うんです。本は一人で読むしテレビは家族と見るけれど、映画は見ず知らずの人と肩を並べて同じ日の同じ時間に同じスクリーンに目を向ける、不思議な娯楽です。その数時間の間に、誰かは感動し誰かは笑い誰かはあくびする。ひとたび灯りがつけば、それぞれバラバラに会場を後にする。数時間の旅で得た感動は、幼稚園の読み聞かせ会で読まれる本をワクワクしながら見ていた気持ちそのままだ。この本に出てくる人たちはみんな映画を愛し、映画に愛されている。ただそれだけのことが、ただただ素晴らしい。個人的には新村さんにくしゃくしゃのハンカチを投げてもらいたいです。

『映画』に絡んだ物語り。コレ好きだわー、ってことで、これをきっかけに原田マハにハマりました。

バスの中で号泣しかけたので途中で読むのを一時中断しちゃいました。再度読み返すと少し冷めていたので残念でした^ - ^

好きな映画を映画館で観たくなる。名画座というのをこの本ではじめて知ったので、地元で探してみよう。

この本きっかけで原田マハを知った。
映画好きは絶対に読んでほしい。
嫌いな人なんかいないと思う。
映画の良さも本の良さも伝わってくる。

この本とニューシネマパラダイスを
映画好きの親友にプレゼントした思い出の本。

何の気なしに読み始めたけど、この年末に読めてよかったー、て一冊だった。
人と人とのつながりはあたたかい。

映画が好きで、小説が好きでほんとに良かった。この二つが心底好きなだけで、豊かな人生だ。あーこれ観てないなとか、わかるわかる、アルモドバルやっぱいいよねぇ〜とか、ニューシネマパラダイスは泣けたよなぁとか、読みながらこの小説の中の人々と映画話に花を咲かせ、最後にはああやっぱりこの世に映画があって小説があって心底良かったとしみじみ思う。最近映画を観てもどこか穿った見方をしたりとか、純粋に心が動いたりとか少なくなったなぁ。もう一度、ゴウちゃんみたいにまっすぐ映画を観たい。キネマの神様、よろしくお願いします!

たった今、読了。この人の書くお話ってどうしてこんなにあったかいんでしょう。私は映画館でじっと映画を見るのが苦手で映画は家で見るようにしていましたが、読み終えてまんまと、映画館で映画、見たくなりました。解説で片桐はいりさんも仰ってたように、英語のタイトルも良いんです。今年急にハマって7冊目のマハさんでした。

素晴らしい映画を見終わったあとみたいな読後感で胸がいっぱいになった。物語の面白さに一気に引き込まれた。好きなものがひとつでもあれば、人は変われるし救われる。映画館に行きたくてたまらなくなる小説。
片桐はいりの解説も素敵。

良かったの一言。映画ファンと言えるほどではないが、昭和40年代生まれ、映画は好きで、本作品の中で出てくる映画もタイトルを見るごとに、その映画を見た当時の思い出が甦りました。ああこの映画はあそこの映画館で見たなぁとか、これはビデオ借りてみたなとか。そしてどんどん読み進み、後半は涙を流しながら、ラストシーンまで一気読み。やっぱり映画っていいなぁ。と再認識。昔、行った地元の映画館、今どうなってるかな~。

読者

0264273e d8bf 4e8f 930e bd3f1a13a8af7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84902f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cbIcon user placeholder1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037Icon user placeholder 99人

原田マハの本

思わぬ出会いに心ときめく パリの小さな美術館

思わぬ出会いに心ときめく パリの小さな美術館

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

パリの街中に佇む様々な様式の美術館の数々。どれもが、人々の生活に密着していて子どもから大人まで、日常的に素晴らしい芸術に触れている様子を見ると、芸術への想いを形成する土壌の豊かさに「さすが、パリ」と、思わずにはいられません。

24日前

D8eb1b31 b597 4a92 b9d5 ada99205398a9ad259c3 7e0e 43d0 929d cccf5ace9f3245202f8d d80f 42ba 9078 93eb411ac753 18
常設展示室: Permanent Collection

常設展示室: Permanent Collection

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

運命の絵というものがあるものです。 運命の本があるように。 この本を読んでいると、 絵を観るということは、絵画の知識を伴わなくても良いのよ、と許してもらえてる気がして嬉しい。 常設展示がユニークな美術館が、思いの外あるのをご存知だろうか。並んで観る絵も素晴らしいが、美術館が心を込めて常設している美術品も素晴らしい。 でも、人が少ないと自分はチョット照れてしまうのである。笑

約1か月前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a 11
ロマンシエ

ロマンシエ

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっ…

マハさん史上最もチャーミングな男の子が主役! 大好きなアート、そして大好きな人にまっすぐに向き合うその姿はとってもピュアで魅力的だったなぁ〜。 マハさんの作品の素晴らしいところは、アートの素晴らしさと魅力を、すごくわかりやすく丁寧に描いているところ。 アートに興味がある人も、そうでない人もきっと楽しめるはず。とっても大好きな作家さんです。

3か月前

9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007b774e46cf 8ca0 4737 8faa 1bc2305b2958 26
一分間だけ

一分間だけ

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

原田マハ好きだけど、 この本の主人公は最低で本当に読んでいて嫌だった。 こんな人に動物を飼う資格ないよ。 2016

6か月前

285d61d6 b4e4 46ea 8b3d 21ad309a449029c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311