Btn appstore Btn googleplay
51nkxo%2bsd7l

39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっ... 続き

コメント

その他のコメント

やっぱ映画を観るなら映画館だよなぁ、とレンタルで済まそうとしていたことに深く反省…。
『ニュー・シネマ・パラダイス』をまた観たくなりました。

映画好きにはたまらない。
“観るたびに思う。映画は旅なのだと。幕開けとともに一瞬にして観るものを別世界へ連れ出してしまう。名画とはそういうものではないか。そしてエンドロールは旅の終着駅”

読者

98c17f47 4c70 4349 a025 b711718c129e31e6f918 5815 4f2b 83bb 2b1fb3a8208dIcon user placeholder3a39c025 2771 4517 8d65 8407ea67d00f387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fIcon user placeholderCbe4537b 81b6 402b 9c03 6d41bfb1f9d2Aa92e1ad 14e6 4bf5 9dbb 2567a75ff696 121人

原田マハの本

サロメ

サロメ

D47c5f3d 92f7 47dd 892a f8510c60b4c5

平出

大学で国文学を専攻しています。

オーブリー・ビアズリーを知らなかったので、知れてよかった。原田マハさんの本は『楽園のカンヴァス』以来、二冊目。美術史の仮説をドラマ化する手法が、特徴かと思われるが、その他の本ではそんなことないのかもしれない。

24日前

263de246b02f8afb24e46ef497c4beef normalC715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe55483018b83c5 0668 4ed4 8ea9 38aff4a710bf
たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

フィクションなのだけれども、本当にゴッホの周りにこの登場人物達がいたら良いなと感じた。

約1か月前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d
20 CONTACTS消えない星々との短い接触

20 CONTACTS消えない星々との短い接触

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

様々なジャンルのアートの巨匠達と著者が空想の世界で出会い、会話をする。アンリ・マティス、東山魁夷、宮沢賢治… 原田マハ得意のフィクションの世界で、アートの巨匠達が生きている。一人一人の特徴が調べ上げられており、親しみやすく感じてしまう。 アートや美術に触れ合うことは少し敷居が高い。そういう人に対してもアートを身近に感じさせてくれる。美術の教科書に載っていた作品名と人物名を丸暗記していた頭から離れ、一つ一つの作品にはストーリーがあることを思い出させてくれる。

2か月前