61nqp0mvjwl

世界を揺るがす秘密は蔵王に隠されている! 大陰謀に巻き込まれた小学校以来の友人コンビ。 異常に強い謎の殺し屋と警察に追われるふたり(と犬一匹)は逃げ切れる... 続き

コメント

ぐいぐいと引っ張られる。
どっちが阿部和重で、どっちが伊坂幸太郎なのかわからなくなるぐらい自然なパート分けで正に合作というのが相応しい。

その他のコメント

おもしろい!グイグイと物語に引き込まれて止まらない!早く下が読みたい!
相葉とその周りの人間関係とかやり取りから、地元の仲間っていいなーとふと思う。

映画化間違いなしのドキドキ感。キャラクターも立ってます。下巻楽しみ。2018.1

読者

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholderIcon user placeholder9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13ed20f2f087 7ece 4c41 b29f cc90e1bfe737Icon user placeholderIcon user placeholder 24人

阿部和重の本

キャプテンサンダーボルト 下

キャプテンサンダーボルト 下

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/04/22 読了 読書家の友人の評価は高くなかったが、伊坂初心者のボクには楽しく読めた。上巻からまさにノンストップ。ラストシーン、ちょっと疑問が残るが、何か読み落としてるのかな? 本を紹介してくれた友人にも感謝。

1年前

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe04850bc71 474d 43c0 a6d2 91bd9636a8efF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 17
小説の家

小説の家

B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50

やな

本業はシステムやウェブ、紙モノな…

白地に白インクで印刷されたページ、読むのを邪魔しているかのように模様が踊りまくるページ、手書きが混じるページ、サイズの違うページ。読ませる気はあるのか?と問いたくなる。目次はそれぞれの作者による手書き。装幀は名久井直子さん、さすがである。持っているだけでも楽しい。まだ眺めているだけだが、読めるかどうかは不明。紙にもとことんこだわりありの逸品である。

3年前